update_option

(1.0.0以降)
update_option - サイトオプションの値を更新する

説明

bool update_option( string $option, mixed $newvalue [, mixed $autoload = null ] )
サイトオプションの値を更新する。

パラメータ

  • $option
    サイトオプション名。'siteurl'、'home'、'blogname'、'template'など。
  • $newvalue
    オプションの値。
  • $autoload
    [4.2.0]自動的にロードするかどうかを指定。'yes'またはtrueの場合は自動的にロードされ、'no'またはfalseの場合は自動的にロードされない。

返り値

パラメータ$optionで指定されたサイトオプションの値を更新できた場合はtrue、更新できなかった場合はfalseを返す。なお。更新する値と現在の値が同じ場合はfalseを返す。

注意

一部のWordPressシステムのサイトオプション情報も更新できるが、テーマやプラグイン独自のオプション情報を保存する場合にも使用できる。
パラメータ$optionで指定されたオプションが登録されていない場合は、内部でadd_option関数を呼び出してそのオプション情報を追加する。なおパラメータ$newvalueで指定される値は、サイトオプション名に応じてサニタイズしてから更新される。 [4.2.0]新しいオプション情報を追加する際、$autoloadが省略(null)の場合は'yes'となる。自動的にロードする指定を変更する場合は、オプション値を変更しなければならない(4.2.0では現在のオプション値のまま$autoloadの指定を変更することはできないため、既存のオプション値の指定を変更する場合は注意すること)。

使用例

  • サイトオプション'blogname'の値を更新する。
    <?php update_option( 'blogname', 'Myブログ' ); ?>

フィルター

[2.6.0]現在の値を取得後に'pre_update_option_'.$optionフィルターを呼び出す(例:pre_update_option_blogname)。パラメータ$valueには更新後の値が、$old_valueには更新前の値がそれぞれ格納されている。
$value = apply_filters( 'pre_update_option_' . $option, $value, $old_value );
[3.9.0]更新する値が現在の値か比較する直前に'pre_update_option'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには更新後の値が、$optionにはオプション名が、$old_valueには更新前の値がそれぞれ格納されている。
$value = apply_filters( 'pre_update_option', $value, $option, $old_value );

アクション

[2.0.1]アップデート後に "update_option_{$option}"アクションを呼び出す(例:update_option_blogname)。パラメータ$old_valueには更新前の値が、$valueには更新後の値がそれぞれ格納されている。
do_action( "update_option_{$option}", $old_value, $value );
[2.9.0]アップデート後に'updated_option'アクションを呼び出す。パラメータ$optionにはオプション名が、$old_valueには更新前の値が、$valueには更新後の値がそれぞれ格納されている。
do_action( 'updated_option', $option, $old_value, $value );

ソースファイル

/wp-includes/option.php

関連

お勧めコンテンツ

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

最終更新日時 : 2017-03-23 12:02