update_option

(1.0.0以降)
update_option - サイトオプションの値を更新する

説明

bool update_option( string $option, mixed $newvalue [, mixed $autoload = null ] )
サイトオプションの値を更新する。

パラメータ

  • $option
    サイトオプション名。'siteurl'、'home'、'blogname'、'template'など。
  • $newvalue
    オプションの値。
  • $autoload
    [4.2.0]自動的にロードするかどうかを指定。'yes'またはtrueの場合は自動的にロードされ、'no'またはfalseの場合は自動的にロードされない。

返り値

パラメータ$optionで指定されたサイトオプションの値を更新できた場合はtrue、更新できなかった場合はfalseを返す。なお。更新する値と現在の値が同じ場合はfalseを返す。

注意

一部のWordPressシステムのサイトオプション情報も更新できるが、テーマやプラグイン独自のオプション情報を保存する場合にも使用できる。
パラメータ$optionで指定されたオプションが登録されていない場合は、内部でadd_option関数を呼び出してそのオプション情報を追加する。なおパラメータ$newvalueで指定される値は、サイトオプション名に応じてサニタイズしてから更新される。 [4.2.0]新しいオプション情報を追加する際、$autoloadが省略(null)の場合は'yes'となる。自動的にロードする指定を変更する場合は、オプション値を変更しなければならない(4.2.0では現在のオプション値のまま$autoloadの指定を変更することはできないため、既存のオプション値の指定を変更する場合は注意すること)。

使用例

  • サイトオプション'blogname'の値を更新する。
    <?php update_option( 'blogname', 'Myブログ' ); ?>

フィルター

[2.6.0]現在の値を取得後に'pre_update_option_'.$optionフィルターを呼び出す(例:pre_update_option_blogname)。パラメータ$valueには更新後の値が、$old_valueには更新前の値がそれぞれ格納されている。
$value = apply_filters( 'pre_update_option_' . $option, $value, $old_value );
[3.9.0]更新する値が現在の値か比較する直前に'pre_update_option'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには更新後の値が、$optionにはオプション名が、$old_valueには更新前の値がそれぞれ格納されている。
$value = apply_filters( 'pre_update_option', $value, $option, $old_value );

アクション

[2.0.1]アップデート後に "update_option_{$option}"アクションを呼び出す(例:update_option_blogname)。パラメータ$old_valueには更新前の値が、$valueには更新後の値がそれぞれ格納されている。
do_action( "update_option_{$option}", $old_value, $value );
[2.9.0]アップデート後に'updated_option'アクションを呼び出す。パラメータ$optionにはオプション名が、$old_valueには更新前の値が、$valueには更新後の値がそれぞれ格納されている。
do_action( 'updated_option', $option, $old_value, $value );

ソースファイル

/wp-includes/option.php

関連

お勧めコンテンツ

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

最終更新日時 : 2017-03-23 12:02