update_option

(1.0.0以降)
update_option - サイトオプションの値を更新する

説明

bool update_option( string $option, mixed $newvalue [, mixed $autoload = null ] )
サイトオプションの値を更新する。

パラメータ

  • $option
    サイトオプション名。'siteurl'、'home'、'blogname'、'template'など。
  • $newvalue
    オプションの値。
  • $autoload
    [4.2.0]自動的にロードするかどうかを指定。'yes'またはtrueの場合は自動的にロードされ、'no'またはfalseの場合は自動的にロードされない。

返り値

パラメータ$optionで指定されたサイトオプションの値を更新できた場合はtrue、更新できなかった場合はfalseを返す。なお。更新する値と現在の値が同じ場合はfalseを返す。

注意

一部のWordPressシステムのサイトオプション情報も更新できるが、テーマやプラグイン独自のオプション情報を保存する場合にも使用できる。
パラメータ$optionで指定されたオプションが登録されていない場合は、内部でadd_option関数を呼び出してそのオプション情報を追加する。なおパラメータ$newvalueで指定される値は、サイトオプション名に応じてサニタイズしてから更新される。 [4.2.0]新しいオプション情報を追加する際、$autoloadが省略(null)の場合は'yes'となる。自動的にロードする指定を変更する場合は、オプション値を変更しなければならない(4.2.0では現在のオプション値のまま$autoloadの指定を変更することはできないため、既存のオプション値の指定を変更する場合は注意すること)。

使用例

  • サイトオプション'blogname'の値を更新する。
    <?php update_option( 'blogname', 'Myブログ' ); ?>

フィルター

[2.6.0]現在の値を取得後に'pre_update_option_'.$optionフィルターを呼び出す(例:pre_update_option_blogname)。パラメータ$valueには更新後の値が、$old_valueには更新前の値がそれぞれ格納されている。
$value = apply_filters( 'pre_update_option_' . $option, $value, $old_value );
[3.9.0]更新する値が現在の値か比較する直前に'pre_update_option'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには更新後の値が、$optionにはオプション名が、$old_valueには更新前の値がそれぞれ格納されている。
$value = apply_filters( 'pre_update_option', $value, $option, $old_value );

アクション

[2.0.1]アップデート後に "update_option_{$option}"アクションを呼び出す(例:update_option_blogname)。パラメータ$old_valueには更新前の値が、$valueには更新後の値がそれぞれ格納されている。
do_action( "update_option_{$option}", $old_value, $value );
[2.9.0]アップデート後に'updated_option'アクションを呼び出す。パラメータ$optionにはオプション名が、$old_valueには更新前の値が、$valueには更新後の値がそれぞれ格納されている。
do_action( 'updated_option', $option, $old_value, $value );

ソースファイル

/wp-includes/option.php

関連

お勧めコンテンツ

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

最終更新日時 : 2017-03-23 12:02