update_site_option

(2.8.0以降)
update_site_option - サイトオプションの値を更新する

説明

bool update_site_option( string $option, mixed $default )
サイトオプションの値を更新する。

パラメータ

  • $option
    サイトオプション名。'siteurl'、'site_name'、'user_count'、'blog_count'、'global_terms_enabled'など。
  • $default
    オプションの値。

返り値

パラメータ$optionで指定されたサイトオプションの値を更新できた場合はtrue、更新できなかった場合はfalseを返す。

注意

基本的にはマルチサイト向けの関数となる。サイトがシングルサイトの場合、update_option関数を使用してその値を更新する。

設定する値は、サイトオプション名に応じてサニタイズしてから更新される。

[4.4.0]update_network_option関数が準備され、中身はupdate_network_option関数へ移り、本関数はラッパー関数となった。

使用例

  • サイトオプション'site_name'の値を更新する。
    <?php update_site_option( 'site_name', 'Myブログ' ); ?>

フィルター

[2.9.0]更新の前段階で現在のオプション値を取得しておりその直後に'pre_update_site_option_{$option}'フィルターを呼び出す。パラメータ$valueには本関数が受け取った値が、$old_valueには現在のオプション値が格納されている。
$value = apply_filters( "pre_update_site_option_{$option}", $value, $old_value );

アクション

[2.9.0]オプション値を更新した場合に'update_site_option_{$option}'アクションを呼び出す。パラメータ$optionおよび$valueには本関数が受け取った値が、$old_valueには更新前のオプションの値が格納されている。
do_action( "update_site_option_{$option}", $option, $value, $old_value );
[3.0.0]上記のアクション後に'update_site_option'アクションを呼び出す。パラメータ$optionおよび$valueには本関数が受け取った値が、$old_valueには更新前のオプションの値が格納されている。
do_action( 'update_site_option', $option, $value, $old_value );

ソースファイル

/wp-includes/option.php

関連

お勧めコンテンツ

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

最終更新日時 : 2017-03-23 14:08