update_user_option

説明

int | bool update_user_option( int $user_id, string $option_name, mixed $newvalue [ , bool $global = false ] )
ユーザーオプション情報を更新する。

パラメータ

  • $user_id
    ユーザーIDを指定。
  • $option_name
    オプション名を指定。
  • $newvalue
    オプション値を指定。
  • $global
    マルチサイト時に全サイト共有にする場合はtrueを指定(省略時はfalse)。

返り値

オプションが未登録の場合は追加したユーザーメタ情報のIDを、更新できた場合はtrueを、更新できなかった場合はfalseを返す。

注意

本関数では update_user_meta関数を呼び出してオプション情報を更新している。

パラメータ$globalがfalseの場合、パラメータ$option_nameの前にブログプレフィックス($wpdb->get_blog_prefix())が追加され、それが実際のオプション名となる。


使用例

  • 'plugin-option'という名前のオプション値を更新する。
    update_user_option( $user->ID, 'plugin-option', $value );

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

最終更新 : 2021年06月02日 10:56



お勧め

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 更新)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

canvasタグを投稿したい(2020年3月24日 更新)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 更新)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 更新)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

「順序」をtextからnumberに変更してみた(2018年5月27日 更新)

固定ページの編集画面の「投稿の属性」ウィジェットには、ページの並び替えに使用できる「順序」のinput要素がある。この「順序」のinput要素はtype属性が'text'となっており、編集の際にIMEが有効になってしまう場合がある。ページの編集頻度が多くなると、その都度IMEをオフにするのがやや面倒になってくる。