url_shorten

(1.2.0以降)
url_shorten - URLを短縮する

説明

string url_shorten( string $url [ , int $length = 35 ] )
(表示向けに)URLを短縮する。

パラメータ

  • $url
    URLを指定。
  • $length
    短縮する最大文字数を指定。

返り値

URLを短縮した文字を返す。

注意

これまで管理者ページ向けに提供されていたが、4.4.0から一般向けに切り替わった。

'https://'、'http://'、'www.'は取り除かれ、さらに指定文字数を超える場合は末尾が'…'になる。

URLが日本語のようなマルチバイト文字をURLエンコードしたものを含んでいる場合、本関数で処理した後の内容は正しくURLデコードできない可能性がある。

使用例

  • URLを短縮して表示する。
    <?php echo esc_url( url_shorten( $url ) ); ?>
  • URLを最大40文字に短縮して表示する。
    <?php echo esc_url( url_shorten( $url, 40 ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

最終更新日時 : 2015-12-16 12:20