url_to_postid

(1.0.0以降)
url_to_postid - URLから投稿記事のIDを取得する

説明

int url_to_postid( string $url )
URLから投稿記事のIDを取得する。

パラメータ

  • $url
    URLを指定。

返り値

URLが投稿ページの場合は、投稿記事のIDを返す。URLが投稿記事以外の場合は0を返す。

注意

パーマリンク設定をしている場合でも問題なく使用できる。

使用例

  • 'http://localhost/about'の投稿記事のIDを取得する。
    <?php $postid = url_to_postid( 'http://localhost/about' ); ?>

フィルター

本関数の呼び出し直後にurl_to_postidフィルターを呼び出す。$urlにはパラメータとして受け取った値が格納される。
$url = apply_filters( 'url_to_postid', $url );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/rewrite.php

関連

  • get_page_by_path - 指定されたページ名の投稿情報を取得する
  • home_url - 現在のブログのホームURLを取得する

お勧めコンテンツ

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

最終更新日時 : 2012-05-30 15:48