url_to_postid

(1.0.0以降)
url_to_postid - URLから投稿記事のIDを取得する

説明

int url_to_postid( string $url )
URLから投稿記事のIDを取得する。

パラメータ

  • $url
    URLを指定。

返り値

URLが投稿ページの場合は、投稿記事のIDを返す。URLが投稿記事以外の場合は0を返す。

注意

パーマリンク設定をしている場合でも問題なく使用できる。

使用例

  • 'http://localhost/about'の投稿記事のIDを取得する。
    <?php $postid = url_to_postid( 'http://localhost/about' ); ?>

フィルター

本関数の呼び出し直後にurl_to_postidフィルターを呼び出す。$urlにはパラメータとして受け取った値が格納される。
$url = apply_filters( 'url_to_postid', $url );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/rewrite.php

関連

  • get_page_by_path - 指定されたページ名の投稿情報を取得する
  • home_url - 現在のブログのホームURLを取得する

お勧めコンテンツ

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

最終更新日時 : 2012-05-30 15:48