url_to_postid

(1.0.0以降)
url_to_postid - URLから投稿記事のIDを取得する

説明

int url_to_postid( string $url )
URLから投稿記事のIDを取得する。

パラメータ

  • $url
    URLを指定。

返り値

URLが投稿ページの場合は、投稿記事のIDを返す。URLが投稿記事以外の場合は0を返す。

注意

パーマリンク設定をしている場合でも問題なく使用できる。

使用例

  • 'http://localhost/about'の投稿記事のIDを取得する。
    <?php $postid = url_to_postid( 'http://localhost/about' ); ?>

フィルター

本関数の呼び出し直後にurl_to_postidフィルターを呼び出す。$urlにはパラメータとして受け取った値が格納される。
$url = apply_filters( 'url_to_postid', $url );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/rewrite.php

関連

  • get_page_by_path - 指定されたページ名の投稿情報を取得する
  • home_url - 現在のブログのホームURLを取得する

お勧めコンテンツ

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

最終更新日時 : 2012-05-30 15:48