user_can

(3.1.0以降)
user_can - ユーザの権限を調べる

説明

bool user_can( mixed $user, string $capability )
ユーザの権限を調べる。

パラメータ

  • $user
    ユーザIDまたはユーザ情報を指定。
  • $capability
    権限を指定。

返り値

ユーザが権限を所有している場合はtrue、所有していない場合はfalseを返す。

注意

任意のユーザの権限を調べる場合はこの関数を使用する。現在ログイン中のユーザの権限はcurrent_user_can関数を使用できる。

使用例

  • ユーザが'manage_options'権限を持っているか調べる。
    <?php if ( user_can( $user, 'manage_options' ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/capabilities.php

関連

  • current_user_can - 現在のユーザーの権限を調べる
  • get_userdata - ユーザIDを指定し、マッチするユーザ情報を取得する

お勧めコンテンツ

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

最終更新日時 : 2017-03-15 16:38