user_can

(3.1.0以降)
user_can - ユーザの権限を調べる

説明

bool user_can( mixed $user, string $capability )
ユーザの権限を調べる。

パラメータ

  • $user
    ユーザIDまたはユーザ情報を指定。
  • $capability
    権限を指定。

返り値

ユーザが権限を所有している場合はtrue、所有していない場合はfalseを返す。

注意

任意のユーザの権限を調べる場合はこの関数を使用する。現在ログイン中のユーザの権限はcurrent_user_can関数を使用できる。

使用例

  • ユーザが'manage_options'権限を持っているか調べる。
    <?php if ( user_can( $user, 'manage_options' ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/capabilities.php

関連

  • current_user_can - 現在のユーザーの権限を調べる
  • get_userdata - ユーザIDを指定し、マッチするユーザ情報を取得する

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

最終更新日時 : 2017-03-15 16:38