user_can_richedit

(2.0.0以降)
user_can_richedit - ビジュアルリッチエディターが使用できるか調べる

説明

string user_can_richedit( )
ビジュアルリッチエディターが使用できるか調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ビジュアルリッチエディターが使用できる場合はtrue、使用できない場合はfalseを返す。

注意

内部では、まずget_user_option関数を使ってユーザがビジュアルリッチエディターを使用できるか調べ(管理画面「ユーザー」「あなたのプロフィール」の「ビジュアルリッチエディターを使用しない」のチェック状態)、さらにブラウザのユーザエージェントを調べてビジュアルリッチエディターに対応しているブラウザかどうか(※iPhoneのブラウザは未対応としている)、現在のページがコメント編集ページ以外かも調べる。 なお、一度調べた結果は$wp_rich_editに格納され、2回目以降はその値を返す。

使用例

  • ビジュアルリッチエディターが使用できるか調べる。
    <?php if ( user_can_richedit( ) ) : >

関連

  • wp_default_editor - デフォルトの投稿エディタタイプを取得する
  • $is_iphone - ブラウザがiPhoneか調べる
  • $pagenow - 管理ページのページファイル名
  • $wp_rich_edit - ビジュアルリッチエディターの使用可能状態

お勧めコンテンツ

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

最終更新日時 : 2011-06-21 20:56