user_can_richedit

(2.0.0以降)
user_can_richedit - ビジュアルリッチエディターが使用できるか調べる

説明

string user_can_richedit( )
ビジュアルリッチエディターが使用できるか調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ビジュアルリッチエディターが使用できる場合はtrue、使用できない場合はfalseを返す。

注意

内部では、まずget_user_option関数を使ってユーザがビジュアルリッチエディターを使用できるか調べ(管理画面「ユーザー」「あなたのプロフィール」の「ビジュアルリッチエディターを使用しない」のチェック状態)、さらにブラウザのユーザエージェントを調べてビジュアルリッチエディターに対応しているブラウザかどうか(※iPhoneのブラウザは未対応としている)、現在のページがコメント編集ページ以外かも調べる。 なお、一度調べた結果は$wp_rich_editに格納され、2回目以降はその値を返す。

使用例

  • ビジュアルリッチエディターが使用できるか調べる。
    <?php if ( user_can_richedit( ) ) : >

関連

  • wp_default_editor - デフォルトの投稿エディタタイプを取得する
  • $is_iphone - ブラウザがiPhoneか調べる
  • $pagenow - 管理ページのページファイル名
  • $wp_rich_edit - ビジュアルリッチエディターの使用可能状態

お勧めコンテンツ

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

最終更新日時 : 2011-06-21 20:56