wp_add_inline_script

(4.5.0以降)
wp_add_inline_script - インラインスクリプトを追加する

説明

bool wp_add_inline_script( string $handle, string $data [ , string $position = 'after' ] )
インラインスクリプトを追加する。

パラメータ

  • $handle
    インラインスクリプトを追加位置を示すハンドル名を指定。
  • $data
    インラインスクリプトを指定。
  • $position
    $handleで示されたスクリプトの後に追加する場合は'after'を、前に追加する場合は'after'以外を指定(省略時は'after')。

返り値

インラインスクリプトが追加できた場合はtrueを、追加できなかった場合はfalseを返す。

注意

この関数を使用する場合、wp_enqueue_scriptsアクションなどの特定のアクション内で呼び出す必要がある。

パラメータ$handleに指定するハンドル名は、キューに追加されているものでなけばならない(このインラインスクリプトのハンドル名のつもりで適当な名前をつけてもスクリプトは表示されない)。jquery.jsの後にインラインスクリプトを追加する場合、ハンドル名は'jquery'ではなく'jquery-core'を指定する必要がある('jquery'だと表示されない)。

使用例

  • jquery.jsの後にインラインスクリプトを追加する。
    <?php
    function test_add_scripts() {
    	$data = <<<EOT
    var _text = 'hello';
    console.log( _text );
    EOT;
    	wp_add_inline_script( 'jquery-core', $data );
    }
    add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'test_add_scripts' );
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/wp-scripts.php

関連

お勧めコンテンツ

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

最終更新日時 : 2016-04-23 13:48