wp_add_inline_style

(3.3.0以降)
wp_add_inline_style - インラインスタイルを追加する

説明

bool wp_add_inline_style( string $handle, string $data )
インラインスタイルを追加する。

パラメータ

  • $handle
    スタイルのハンドル名を指定。
  • $data
    スタイルテキストを指定。

返り値

スタイルを追加できた場合はtrueを、追加できなかった場合はfalseを返す。

注意

スタイルファイルはwp_enqueue_styleまたはwp_register_style関数を使用するが、本関数を使用することでその設定を上書きするインラインスタイルを指定できる。なおパラメータ$dataで指定するスタイルテキストはstyle要素で囲まないこと。

使用例

  • $dataの内容をインラインスタイルを追加する。
    <?php
    function my_enqueue_scripts() {
    	wp_enqueue_style( 'mytheme-style', get_template_directory_uri() . '/css/customize.css' );
    	wp_add_inline_style( 'mytheme-style', $data );
    }
    add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_enqueue_scripts' );
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.wp-styles.php

関連

お勧めコンテンツ

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

最終更新日時 : 2015-02-09 10:06