wp_add_inline_style

(3.3.0以降)
wp_add_inline_style - インラインスタイルを追加する

説明

bool wp_add_inline_style( string $handle, string $data )
インラインスタイルを追加する。

パラメータ

  • $handle
    スタイルのハンドル名を指定。
  • $data
    スタイルテキストを指定。

返り値

スタイルを追加できた場合はtrueを、追加できなかった場合はfalseを返す。

注意

スタイルファイルはwp_enqueue_styleまたはwp_register_style関数を使用するが、本関数を使用することでその設定を上書きするインラインスタイルを指定できる。なおパラメータ$dataで指定するスタイルテキストはstyle要素で囲まないこと。

使用例

  • $dataの内容をインラインスタイルを追加する。
    <?php
    function my_enqueue_scripts() {
    	wp_enqueue_style( 'mytheme-style', get_template_directory_uri() . '/css/customize.css' );
    	wp_add_inline_style( 'mytheme-style', $data );
    }
    add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_enqueue_scripts' );
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.wp-styles.php

関連

お勧めコンテンツ

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

最終更新日時 : 2015-02-09 10:06