wp_add_inline_style

(3.3.0以降)
wp_add_inline_style - インラインスタイルを追加する

説明

bool wp_add_inline_style( string $handle, string $data )
インラインスタイルを追加する。

パラメータ

  • $handle
    スタイルのハンドル名を指定。
  • $data
    スタイルテキストを指定。

返り値

スタイルを追加できた場合はtrueを、追加できなかった場合はfalseを返す。

注意

スタイルファイルはwp_enqueue_styleまたはwp_register_style関数を使用するが、本関数を使用することでその設定を上書きするインラインスタイルを指定できる。なおパラメータ$dataで指定するスタイルテキストはstyle要素で囲まないこと。

使用例

  • $dataの内容をインラインスタイルを追加する。
    <?php
    function my_enqueue_scripts() {
    	wp_enqueue_style( 'mytheme-style', get_template_directory_uri() . '/css/customize.css' );
    	wp_add_inline_style( 'mytheme-style', $data );
    }
    add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'my_enqueue_scripts' );
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.wp-styles.php

関連

お勧めコンテンツ

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

最終更新日時 : 2015-02-09 10:06