wp_admin_css_color

(2.5.0以降)
wp_admin_css_color - カラースキームを設定する

説明

void wp_admin_css_color( string $key, string $name, string $url [ , array $colors = array() ] )
カラースキームを設定する。

パラメータ

  • $key
    スキームキーを指定
  • $name
    名前を指定
  • $url
    cssのURLを指定
  • $colors
    サンプルカラーを配列で指定

返り値

返り値はありません。

注意

パラメータ$keyで指定したスキームキーが登録済みの場合(標準では'classic'または'fresh')は、そのカラースキーム設定を上書きする。
cssは、/wp-admin/css/colors-classic.css または colors-fresh.css を参考にすること。

使用例

  • カラースキームを設定する。
    <?php wp_admin_css_color( 'cream', 'クリーム', get_stylesheet_directory_uri().'/colors-mytheme.css', array( '#f0f099', '#f4f4cc', '#f8f8dd', '#fcfcee' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

最終更新日時 : 2013-03-01 16:03