wp_attachment_is

(4.2.0以降)
wp_attachment_is - 添付ファイルの種類を調べる

説明

bool wp_attachment_is( string $type [ , mixed $post_id = 0 ] )
添付ファイルの種類を調べる。

パラメータ

  • $type
    ファイルの種類として'image'、'audio'、'video'または拡張子を指定。
  • $post_id
    投稿IDまたは投稿情報オブジェクトを指定(省略時は0)。

返り値

添付ファイルがパラメータ$typeとマッチする場合はtrueを、それ以外はfalseを返す。

注意

投稿情報のMIMEタイプ(post_mime_type)とget_attached_fileおよびwp_check_filetype関数で取得する添付ファイルの拡張子とのマッチングを行っている。投稿情報のMIMEタイプが'import'かどうかで判定方法が変わっている。

使用例

  • 現在の投稿情報に添付ファイルが画像か調べる。
    <?php if ( wp_attachment_is( 'image' ) ) : ?>
  • $postの投稿に動画ファイルが添付されているか調べる。
    <?php if ( wp_attachment_is( 'video', $post ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

最終更新日時 : 2015-04-28 10:16