wp_attachment_is

(4.2.0以降)
wp_attachment_is - 添付ファイルの種類を調べる

説明

bool wp_attachment_is( string $type [ , mixed $post_id = 0 ] )
添付ファイルの種類を調べる。

パラメータ

  • $type
    ファイルの種類として'image'、'audio'、'video'または拡張子を指定。
  • $post_id
    投稿IDまたは投稿情報オブジェクトを指定(省略時は0)。

返り値

添付ファイルがパラメータ$typeとマッチする場合はtrueを、それ以外はfalseを返す。

注意

投稿情報のMIMEタイプ(post_mime_type)とget_attached_fileおよびwp_check_filetype関数で取得する添付ファイルの拡張子とのマッチングを行っている。投稿情報のMIMEタイプが'import'かどうかで判定方法が変わっている。

使用例

  • 現在の投稿情報に添付ファイルが画像か調べる。
    <?php if ( wp_attachment_is( 'image' ) ) : ?>
  • $postの投稿に動画ファイルが添付されているか調べる。
    <?php if ( wp_attachment_is( 'video', $post ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

最終更新日時 : 2015-04-28 10:16