wp_authenticate

説明

WP_User | WP_Error wp_authenticate( string $username, string $password )
ユーザー認証を行う。

パラメータ

  • $username
    ユーザー名([4.5.0]またはメールアドレス)を指定。
  • $password
    パスワードを指定。

返り値

認証が成功した場合はWP_Userオブジェクト(ユーザー情報)を、認証が失敗した場合はWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

本関数は wp_signon関数などから呼び出され、ユーザー認証を行う。

[2.8.0]実際のユーザー認証処理は'authenticate'フィルターで行われる。

[4.5.0]パラメータ$usernameにメールアドレスが指定可能になった。

[5.4.0]'wp_login_failed'アクションにパラメータ$errorが追加された。


使用例

  • ユーザー認証を行う
    <?php $result = wp_authenticate( $username, $password ); ?>

フィルター

[2.8.0]パラメータをサニタイズした後に'authenticate'フィルターを呼び出す。パラメータ$userにはnullが、$username$passwordには本関数が受け取った内容をサニタイズした内容が格納されている。
$user = apply_filters( 'authenticate', $user, $username, $password );

アクション

[2.5.0]認証が失敗した場合は'wp_login_failed'アクションを呼び出す。パラメータ$usernameには本関数が受け取った内容をサニタイズしたものが格納されている。[5.4.0]パラメータ$errorには認証の失敗理由を示すWP_Errorオブジェクトが格納されている。
do_action( 'wp_login_failed', $username, $error );

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

最終更新 : 2020年04月07日 12:41



お勧め

ダッシュボードの「クイックドラフト」を「CodeMirror」に変更してみた(2019年11月5日 更新)

管理ページの「テーマエディター」では4.9以降「CodeMirror」が利用されている。今回はこの「CodeMirror」をプラグインで活用できないか調べた話である。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2018年5月27日 更新)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2015年5月22日 更新)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

5.5の機能強化:テーマ変更時に要求バージョンを確認(2020年8月12日 更新)

WordPress 5.5 RC 2が公開され、来週には正式版がリリース。変更箇所が多い「WordPress 5.5 RC 2(以降RC 2)」のソースコードを眺めていると、テーマの切り替え前にWordPressとPHPのバージョンを確認するようになっていた。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 更新)

投稿内容を表示する the_content関数では、 wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。