wp_cache_get

(2.0.0以降)
wp_cache_get - キャッシュから任意のデータを取得する

説明

mixed wp_cache_get( mixed $id [, string $flag = '' ] )
キャッシュから任意のデータを取得する。

パラメータ

  • $id
    キャッシュのIDとして数字または名前(文字列)を指定。
  • $flag
    キャッシュを細分するグループ名を指定(省略時は'')。

返り値

パラメータ$id$flagで指定されたキャッシュデータを返す。該当するキャッシュが存在しない場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$idには、テーマまたはプラグイン固有の数字または名前を指定すること。

使用例

  • キャッシュから任意のデータを取得する。
    <?php $apart_cache = wp_cache_get( 'mytheme_cache', 'apart' ); ?>

関連

  • wp_cache_delete - キャッシュから任意のデータを削除する
  • wp_cache_set - 任意のデータをキャッシュに保存する

お勧めコンテンツ

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

最終更新日時 : 2011-08-26 18:58