wp_cache_set

説明

bool wp_cache_set( mixed $id, mixed $data [, string $flag = '' [, int $expire = 0 ] ] )
任意のデータをキャッシュに保存する。

パラメータ

  • $id
    キャッシュのIDとして数字または名前(文字列)を指定。
  • $data
    キャッシュに保存するデーを指定。
  • $flag
    キャッシュを細分するグループ名を指定(省略時は'')。
  • $expire
    現在のバージョンでは未使用(省略時は0)。

返り値

パラメータ$id$flagで指定されたキャッシュデータを削除した場合はtrueを返す。削除できなかった場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$idには、テーマまたはプラグイン固有の数字または名前を指定すること。キャッシュには文字列のほか、配列やオブジェクトなども保存できる。 なおデフォルト(WordPress 2.5以降)では、オブジェクトキャッシュは永続的なものではない(データはメモリー上にのみ存在している)。永続的なキャッシュの実現には「WP File Cache」などの適当なプラグインを使用しなければならない。

使用例

  • コンテンツの表示内容をキャッシュに保存する。
    <?php
    ob_start();
    
    // コンテンツを表示
    
    $cache = ob_get_flush();
    wp_cache_set( 'mytheme_cache', $cache, 'apart' );
    ?>

最終更新 : 2019年04月23日 17:44



お勧め

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 更新)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

初期化に関連するアクションのおさらい(2013年11月27日 更新)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 更新)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

ブロックエディターで編集したページが出力した余分な改行を削除(2019年2月22日 更新)

ブロックエディターで編集したページのHTMLソースは、投稿本文部分の改行が目立った。Webページとしての表示は問題ないのだが、データとしては不要なので削除することにした。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2018年5月27日 更新)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。