wp_cache_set

(2.0.0以降)
wp_cache_set - 任意のデータをキャッシュに保存する

説明

bool wp_cache_set( mixed $id, mixed $data [, string $flag = '' [, int $expire = 0 ] ] )
任意のデータをキャッシュに保存する。

パラメータ

  • $id
    キャッシュのIDとして数字または名前(文字列)を指定。
  • $data
    キャッシュに保存するデーを指定。
  • $flag
    キャッシュを細分するグループ名を指定(省略時は'')。
  • $expire
    現在のバージョンでは未使用(省略時は0)。

返り値

パラメータ$id$flagで指定されたキャッシュデータを削除した場合はtrueを返す。削除できなかった場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$idには、テーマまたはプラグイン固有の数字または名前を指定すること。キャッシュには文字列のほか、配列やオブジェクトなども保存できる。 なおデフォルト(WordPress 2.5以降)では、オブジェクトキャッシュは永続的なものではない(データはメモリー上にのみ存在している)。永続的なキャッシュの実現には「WP File Cache」などの適当なプラグインを使用しなければならない。

使用例

  • コンテンツの表示内容をキャッシュに保存する。
    <?php
    ob_start();
    
    // コンテンツを表示
    
    $cache = ob_get_flush();
    wp_cache_set( 'mytheme_cache', $cache, 'apart' );
    ?>

関連

  • wp_cache_delete - キャッシュから任意のデータを削除する
  • wp_cache_get - キャッシュから任意のデータを取得する

お勧めコンテンツ

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2011-08-28 09:38