wp_check_filetype

(2.0.4以降)
wp_check_filetype - ファイルが有効なファイル形式か調べる

説明

array wp_check_filetype( string $filename [ , array $mimes = null ] )
ファイルが有効なファイル形式か調べる。

パラメータ

  • $filename
    ファイルのパス名を指定。
  • $mimes
    有効な拡張子とMIMEタイプの配列で指定(省略時は、null)。

返り値

パラメータ$filenameのパス名が有効な場合は、その拡張子とMIMEタイプの配列(例えば$filenameが'test.jpg'の場合は、array( 'jpg', 'image/jpeg' ))を返す。無効な場合は、array( false, false )を返す。

注意

パラメータ$filenameで指定されたファイルが実在するかは調べない。パス名の拡張子からファイル形式を調べる。
パラメータ$mimesが省略された場合は、get_allowed_mime_types関数で有効なMIMEタイプを取得している。

使用例

  • 変数$fileが有効なファイル形式か調べる。
    <?php if ( wp_check_filetype( $file ) ) : ?>
  • 変数$fileが指定したファイル形式か調べる。
    <?php if ( wp_check_filetype( $file, array( 'jpg|jpeg|jpe' => 'image/jpeg', 'gif' => 'image/gif', 'png' => 'image/png' ) ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

最終更新日時 : 2015-04-28 10:17