wp_check_filetype

(2.0.4以降)
wp_check_filetype - ファイルが有効なファイル形式か調べる

説明

array wp_check_filetype( string $filename [ , array $mimes = null ] )
ファイルが有効なファイル形式か調べる。

パラメータ

  • $filename
    ファイルのパス名を指定。
  • $mimes
    有効な拡張子とMIMEタイプの配列で指定(省略時は、null)。

返り値

パラメータ$filenameのパス名が有効な場合は、その拡張子とMIMEタイプの配列(例えば$filenameが'test.jpg'の場合は、array( 'jpg', 'image/jpeg' ))を返す。無効な場合は、array( false, false )を返す。

注意

パラメータ$filenameで指定されたファイルが実在するかは調べない。パス名の拡張子からファイル形式を調べる。
パラメータ$mimesが省略された場合は、get_allowed_mime_types関数で有効なMIMEタイプを取得している。

使用例

  • 変数$fileが有効なファイル形式か調べる。
    <?php if ( wp_check_filetype( $file ) ) : ?>
  • 変数$fileが指定したファイル形式か調べる。
    <?php if ( wp_check_filetype( $file, array( 'jpg|jpeg|jpe' => 'image/jpeg', 'gif' => 'image/gif', 'png' => 'image/png' ) ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

最終更新日時 : 2015-04-28 10:17