wp_check_filetype

(2.0.4以降)
wp_check_filetype - ファイルが有効なファイル形式か調べる

説明

array wp_check_filetype( string $filename [ , array $mimes = null ] )
ファイルが有効なファイル形式か調べる。

パラメータ

  • $filename
    ファイルのパス名を指定。
  • $mimes
    有効な拡張子とMIMEタイプの配列で指定(省略時は、null)。

返り値

パラメータ$filenameのパス名が有効な場合は、その拡張子とMIMEタイプの配列(例えば$filenameが'test.jpg'の場合は、array( 'jpg', 'image/jpeg' ))を返す。無効な場合は、array( false, false )を返す。

注意

パラメータ$filenameで指定されたファイルが実在するかは調べない。パス名の拡張子からファイル形式を調べる。
パラメータ$mimesが省略された場合は、get_allowed_mime_types関数で有効なMIMEタイプを取得している。

使用例

  • 変数$fileが有効なファイル形式か調べる。
    <?php if ( wp_check_filetype( $file ) ) : ?>
  • 変数$fileが指定したファイル形式か調べる。
    <?php if ( wp_check_filetype( $file, array( 'jpg|jpeg|jpe' => 'image/jpeg', 'gif' => 'image/gif', 'png' => 'image/png' ) ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

最終更新日時 : 2015-04-28 10:17