wp_check_filetype

(2.0.4以降)
wp_check_filetype - ファイルが有効なファイル形式か調べる

説明

array wp_check_filetype( string $filename [ , array $mimes = null ] )
ファイルが有効なファイル形式か調べる。

パラメータ

  • $filename
    ファイルのパス名を指定。
  • $mimes
    有効な拡張子とMIMEタイプの配列で指定(省略時は、null)。

返り値

パラメータ$filenameのパス名が有効な場合は、その拡張子とMIMEタイプの配列(例えば$filenameが'test.jpg'の場合は、array( 'jpg', 'image/jpeg' ))を返す。無効な場合は、array( false, false )を返す。

注意

パラメータ$filenameで指定されたファイルが実在するかは調べない。パス名の拡張子からファイル形式を調べる。
パラメータ$mimesが省略された場合は、get_allowed_mime_types関数で有効なMIMEタイプを取得している。

使用例

  • 変数$fileが有効なファイル形式か調べる。
    <?php if ( wp_check_filetype( $file ) ) : ?>
  • 変数$fileが指定したファイル形式か調べる。
    <?php if ( wp_check_filetype( $file, array( 'jpg|jpeg|jpe' => 'image/jpeg', 'gif' => 'image/gif', 'png' => 'image/png' ) ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

最終更新日時 : 2015-04-28 10:17