wp_check_filetype_and_ext

(3.0.0以降)
wp_check_filetype_and_ext - ファイルタイプと拡張子を調べる

説明

array wp_check_filetype_and_ext( string $file, string $filename [ , array $mimes = null ] )
ファイルタイプと拡張子を調べる。

パラメータ

  • $file
    ファイルのフルパス名を指定。
  • $filename
    ファイル名を指定。
  • $mimes
    MIMEタイプの連想配列を指定。

返り値

ファイルタイプと拡張子情報としてキーが'ext'、'type'、'proper_filename'の連想配列を返す。ファイルは有効なMIMEタイプでない場合は'ext'と'type'の値はfalseとなり、ファイルが見つからない場合は'proper_filename'の値はfalseとなる。

注意

パラメータ$filenameから取得したMIMEタイプが画像ファイルのもので、$fileの内容を精査して取得したMIMEタイプと異なる場合は、後者を優先し、$filenameの拡張子を変更したものがキー'proper_filename'の値となる。

使用例

  • アップロードしたファイル'file1'のファイルタイプと拡張子を調べる。
    <?php $filetye_and_ext = wp_check_filetype_and_ext( $_FILES['file1']['tmp_name'], $_FILES['file1']['name'] ); ?>

フィルター

[3.0.0]MIMEタイプが画像ファイルで実際のファイルから取得したものと一致しない場合、'getimagesize_mimes_to_exts'フィルターを呼び出す。パラメータ$image_mime_to_extはキーがMIMEタイプ、値が拡張子の連想配列(標準ではJPEG、PNG、GIF、BMP、TIFF)となる。
$mime_to_ext = apply_filters( 'getimagesize_mimes_to_exts', $image_mime_to_ext );
[3.0.0]取得したファイルタイプと拡張子情報を返す直前、'wp_check_filetype_and_ext'フィルターを呼び出す。パラメータ$filetye_and_extはファイルタイプと拡張子情報、その他は本関数が受け取った同名のパラメータの値となる。
return apply_filters( 'wp_check_filetype_and_ext', $filetye_and_ext, $file, $filename, $mimes );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

最終更新日時 : 2014-10-10 18:57