wp_check_for_changed_dates

説明

void wp_check_for_changed_dates( int $post_id, WP_Post $post, WP_Post $post_before )
更新された公開済みの投稿情報の公開日を保存する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿IDを指定。
  • $post
    投稿情報を指定。
  • $post_before
    以前の投稿情報を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

本関数は wp_insert_post関数の'post_updated'および'attachment_updated'アクションとして登録されており、テーマやプラグインで直接使用することほぼないだろう。パラメータで指定された$post$post_beforeの公開日(時間は含まない)が異なる場合に投稿メタ情報(キーが'_wp_old_date')として保存され、公開日時の編集時に以前の公開日が残る。


使用例

  • 更新された公開済みの投稿情報の公開日を保存する。
    <?php wp_check_for_changed_dates( $post->ID, $post, $previous_post ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:43



お勧め

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 更新)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2018年5月27日 更新)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「 wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2016年12月15日 更新)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2018年5月27日 更新)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 更新)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。