wp_check_for_changed_dates

(4.9.3以降)
wp_check_for_changed_dates - 更新された公開済みの投稿情報の公開日を保存する

説明

void wp_check_for_changed_dates( int $post_id, WP_Post $post, WP_Post $post_before )
更新された公開済みの投稿情報の公開日を保存する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿IDを指定。
  • $post
    投稿情報を指定。
  • $post_before
    以前の投稿情報を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

本関数はwp_insert_post関数の'post_updated'および'attachment_updated'アクションとして登録されており、テーマやプラグインで直接使用することほぼないだろう。パラメータで指定された$post$post_beforeの公開日(時間は含まない)が異なる場合に投稿メタ情報(キーが'_wp_old_date')として保存され、公開日時の編集時に以前の公開日が残る。

使用例

  • 更新された公開済みの投稿情報の公開日を保存する。
    <?php wp_check_for_changed_dates( $post->ID, $post, $previous_post ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

最終更新日時 : 2018-02-06 12:16