wp_check_password

(2.5以降)
wp_check_password - ログインパスワードか調べる

説明

bool wp_check_password( string $password, string $hash [ , mixed $user_id = '' ] )
ユーザのログインパスワードか調べる。

パラメータ

  • $password
    調べるパスワードを指定。
  • $hash
    ユーザのパスワードハッシュを指定。
  • $user_id
    ユーザIDを指定。

返り値

パスワードが一致する場合はtrueを、一致しない場合はfalseを返す。

注意

WordPressのログインパスワードはハッシュ値として保存されているので、この関数を使って一致するか調べる。

使用例

  • 'guest'ユーザのパスワードが'guest'か調べる。
    <?php $guest_user = get_user_by( 'login', 'guest' );
    if ( isset( $guest_user ) && wp_check_password( 'guest', $guest_user->user_pass, $guest_user->ID ) ) { ?>

フィルター

パスワードのチェック結果を返す直前、'check_password'フィルターを呼び出す。パラメータ$checkにはチェック結果のbool値、その他は本関数のパラメータの値が格納される。
return apply_filters( 'check_password', $check, $password, $hash, $user_id );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

最終更新日時 : 2013-05-22 19:42