wp_convert_hr_to_bytes

(2.3.0以降)
wp_convert_hr_to_bytes - バイト数を示すテキストを数値に変換する

説明

int wp_convert_hr_to_bytes( string $value )
バイト数を示すテキストを数値に変換する。

パラメータ

  • $value
    バイト数を示すテキストを指定。

返り値

バイト数を示すテキストを数値を返す。なお変換した数値がPHP_INT_MAX(通常は21,4748,3647)を超える場合はPHP_INT_MAXを返す。

注意

テキストにGまたはgが含まれる場合はギガバイト(1,073,741,824)、Mまたはmが含まれる場合はメガバイト(1,048,576)、Kまたはkが含まれる場合はキロバイト(1,024)として数値に変換する。

使用例

  • '512M'を数値に変換する。
    <?php $value_int = wp_convert_hr_to_bytes( '512M' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

[2.3.0]/wp-includes/media.php
[4.6.0]/wp-includes/load.php

関連

お勧めコンテンツ

dashiconsの一覧表(2017年6月26日 登録)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

最終更新日時 : 2016-08-17 15:31