wp_convert_hr_to_bytes

(2.3.0以降)
wp_convert_hr_to_bytes - バイト数を示すテキストを数値に変換する

説明

int wp_convert_hr_to_bytes( string $value )
バイト数を示すテキストを数値に変換する。

パラメータ

  • $value
    バイト数を示すテキストを指定。

返り値

バイト数を示すテキストを数値を返す。なお変換した数値がPHP_INT_MAX(通常は21,4748,3647)を超える場合はPHP_INT_MAXを返す。

注意

テキストにGまたはgが含まれる場合はギガバイト(1,073,741,824)、Mまたはmが含まれる場合はメガバイト(1,048,576)、Kまたはkが含まれる場合はキロバイト(1,024)として数値に変換する。

使用例

  • '512M'を数値に変換する。
    <?php $value_int = wp_convert_hr_to_bytes( '512M' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

[2.3.0]/wp-includes/media.php
[4.6.0]/wp-includes/load.php

関連

お勧めコンテンツ

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

最終更新日時 : 2016-08-17 15:31