wp_count_attachments

(2.5.0以降)
wp_count_attachments - 添付ファイル数を取得する

説明

object wp_count_attachments( [ string $mime_type = '' ] )
添付ファイル数を取得する。

パラメータ

  • $mime_type
    MIMEタイプを指定(省略時は'')。複数指定する場合は、,(カンマ)で区切ること。

返り値

MIMEタイプ別の添付ファイル数をオブジェクト(3.7.0より前は連想配列)で返す。

注意

パラメータ$mime_typeを省略すると、すべての添付ファイル数を取得できる。$mime_typeで指定できるMIMEタイプは'image'や'image/jpeg'は有効だが、サブタイプの'jpeg'のみは無効である。

使用例

  • 'image/jpeg'の添付ファイル数を取得する。
    <?php $counts = wp_count_attachments( 'image/jpeg' ); ?>
  • 'image'または'video'の添付ファイル数を取得する。
    <?php $counts = wp_count_attachments( 'image,video' ); ?>

フィルター

添付ファイル数を返す直前に'wp_count_attachments'フィルターを呼び出す(3.7.0以降)。$countsには連想配列をオブジェクトに変換した添付ファイル数が、$mime_typeにはパラメータの内容が格納される。
return apply_filters( 'wp_count_attachments', (object) $counts, $mime_type );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

最終更新日時 : 2013-10-31 13:53