wp_count_posts

(2.5.0以降)
wp_count_posts - 投稿数を取得する

説明

object wp_count_posts( [ string $type = '' [ , string $perm = '' ] ] )
投稿数を取得する。

パラメータ

  • $type
    投稿タイプを指定(省略時は'post')
  • $perm
    'readable'または''を指定(省略時は'')

返り値

投稿ステータス別の投稿数を格納したオブジェクトを返す。オブジェクトのプロパティは次に示す通り投稿ステータス名であり、それぞれに投稿数が格納されている。
プロパティ内容
publish公開
future予約投稿
draft下書き
pendingレビュー待ち
private非公開
trashごみ箱
auto-draft自動下書き
inherit継承記事(リビジョンなど)

注意

パラメータ$permで'readable'を指定し、ユーザがログイン中(is_user_logged_in関数で調べる)でかつ他人のステータスが'private'な記事を閲覧できない(current_user_can関数で調べる)場合、検索対象はステータスが'private'以外か、そのユーザが投稿したステータスが'private'の投稿になる。

使用例

  • 投稿記事の投稿数を取得する。
    <?php $counts = wp_count_posts(); ?>
  • カスタム投稿タイプ'news'で'readable'して投稿数を取得する。
    <?php $counts = wp_count_posts( 'news', 'readable' ); ?>

フィルター

投稿数を返す直前に'wp_count_posts'フィルターを呼び出す(3.7.0以降)。$countsには投稿数の連想配列が、$type$permのそれぞれにはパラメータで受け取った値が格納される。
return apply_filters( 'wp_count_posts', $counts, $type, $perm );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

最終更新日時 : 2013-10-31 13:55