wp_count_posts

(2.5.0以降)
wp_count_posts - 投稿数を取得する

説明

object wp_count_posts( [ string $type = '' [ , string $perm = '' ] ] )
投稿数を取得する。

パラメータ

  • $type
    投稿タイプを指定(省略時は'post')
  • $perm
    'readable'または''を指定(省略時は'')

返り値

投稿ステータス別の投稿数を格納したオブジェクトを返す。オブジェクトのプロパティは次に示す通り投稿ステータス名であり、それぞれに投稿数が格納されている。
プロパティ内容
publish公開
future予約投稿
draft下書き
pendingレビュー待ち
private非公開
trashごみ箱
auto-draft自動下書き
inherit継承記事(リビジョンなど)

注意

パラメータ$permで'readable'を指定し、ユーザがログイン中(is_user_logged_in関数で調べる)でかつ他人のステータスが'private'な記事を閲覧できない(current_user_can関数で調べる)場合、検索対象はステータスが'private'以外か、そのユーザが投稿したステータスが'private'の投稿になる。

使用例

  • 投稿記事の投稿数を取得する。
    <?php $counts = wp_count_posts(); ?>
  • カスタム投稿タイプ'news'で'readable'して投稿数を取得する。
    <?php $counts = wp_count_posts( 'news', 'readable' ); ?>

フィルター

投稿数を返す直前に'wp_count_posts'フィルターを呼び出す(3.7.0以降)。$countsには投稿数の連想配列が、$type$permのそれぞれにはパラメータで受け取った値が格納される。
return apply_filters( 'wp_count_posts', $counts, $type, $perm );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

最終更新日時 : 2013-10-31 13:55