wp_create_nonce

(2.0.3以降)
wp_create_nonce - nonce用ハッシュ値を生成する

説明

string wp_create_nonce( [ mixed $action = -1 ] )
nonce用ハッシュ値を生成する。

パラメータ

  • $action
    任意の文字列または数値を指定(省略時は-1)。

返り値

nonce用ハッシュ値を返す。

注意

プラグインやテーマのフォームに埋め込むwp_nonce_field関数から呼び出されるため、間接的に利用していることが多い。

単独で利用する場合、パラメータ$actionは省略可能だが、原則的には省略せずにユニークな値をしてすべきだろう。

使用例

  • nonce用ハッシュ値を生成する。
    <?php $nonce = wp_create_nonce( 'my-plugin' ); ?>

フィルター

[3.5.0]本関数の呼び出し時にログインユーザーがいない場合、'nonce_user_logged_out'フィルターを呼び出す。呼び出し時のパラメータ$uidは0が、$actionには本関数が受け取った値が格納されている。
$uid = apply_filters( 'nonce_user_logged_out', $uid, $action );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

最終更新日時 : 2014-07-19 12:37