wp_create_user

(2.0.0以降)
wp_create_user - ユーザを追加する

説明

mixed wp_create_user( string $username, string $password [ , string $email = '' ] )
ユーザを追加する。

パラメータ

  • $username
    ユーザ名を指定
  • $password
    パスワードを指定
  • $email
    メールアドレスを指定(省略時は'')

返り値

登録したユーザ情報のIDを返す。登録できなかった場合はWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$usernameは、この関数内でesc_sql関数によってエスケープ処理されるため、'(シングルコーテーション)や"(ダブルコーテーション)を含めることができる。

使用例

  • メールアドレスを省略してユーザを追加する。
    <?php $user_id = wp_create_user( 'tester', 'Az0a2jx3' ); ?>
  • ユーザを追加する。
    <?php $user_id = wp_create_user( $username, $password, $email ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

dashiconsの一覧表(2017年6月26日 登録)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

最終更新日時 : 2013-02-21 18:59