wp_create_user

(2.0.0以降)
wp_create_user - ユーザを追加する

説明

mixed wp_create_user( string $username, string $password [ , string $email = '' ] )
ユーザを追加する。

パラメータ

  • $username
    ユーザ名を指定
  • $password
    パスワードを指定
  • $email
    メールアドレスを指定(省略時は'')

返り値

登録したユーザ情報のIDを返す。登録できなかった場合はWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$usernameは、この関数内でesc_sql関数によってエスケープ処理されるため、'(シングルコーテーション)や"(ダブルコーテーション)を含めることができる。

使用例

  • メールアドレスを省略してユーザを追加する。
    <?php $user_id = wp_create_user( 'tester', 'Az0a2jx3' ); ?>
  • ユーザを追加する。
    <?php $user_id = wp_create_user( $username, $password, $email ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

最終更新日時 : 2013-02-21 18:59