wp_create_user

(2.0.0以降)
wp_create_user - ユーザを追加する

説明

mixed wp_create_user( string $username, string $password [ , string $email = '' ] )
ユーザを追加する。

パラメータ

  • $username
    ユーザ名を指定
  • $password
    パスワードを指定
  • $email
    メールアドレスを指定(省略時は'')

返り値

登録したユーザ情報のIDを返す。登録できなかった場合はWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$usernameは、この関数内でesc_sql関数によってエスケープ処理されるため、'(シングルコーテーション)や"(ダブルコーテーション)を含めることができる。

使用例

  • メールアドレスを省略してユーザを追加する。
    <?php $user_id = wp_create_user( 'tester', 'Az0a2jx3' ); ?>
  • ユーザを追加する。
    <?php $user_id = wp_create_user( $username, $password, $email ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

最終更新日時 : 2013-02-21 18:59