wp_date

説明

string | false wp_date( string $format [ , int $timestamp = null [ , DateTimeZone $timezone = null ] ] )
日付/時刻を書式化した文字列を取得する。

パラメータ

  • $format
    日付フォーマットを指定。
  • $timestamp
    Unixタイムスタンプ(秒)を指定(省略時はnull)。
  • $timezone
    タイムゾーン情報(DateTimeZoneオブジェクト)を指定(省略時はnull)。

返り値

パラメータ$timestampが有効な場合はその日時を示す文字列を返す。無効な場合はfalseを返す。


注意

date_i18n関数を置き換える目的で追加された関数で、機能は似ているが差異もある。

パラメータ$timestampが省略された場合は、現在の日時が適用される。なお数字(is_numeric)以外の場合は、フィルターを実行せずすぐにfalseを返す。

パラメータ$timezoneが省略された場合は、サイトに設定されているタイムゾーンが適用される。


使用例

  • サイトのタイムゾーンを適用した現時刻の文字列を取得する。
    <?php $datetime = wp_date( 'Y-m-d H:i' ); ?>
  • サイトのタイムゾーンを適用したパラメータ$timeの文字列を取得する。
    <?php $datetime = wp_date( 'Y-m-d H:i', $time ); ?>
  • パリのタイムゾーンを適用した現時刻の文字列を取得する。
    <?php $datetime = wp_date( 'Y-m-d H:i', null, new DateTimeZone( 'Europe/Paris' ) ); ?>

フィルター

[5.3.0]日時の文字列を返す前に'wp_date'フィルターを呼び出す。パラメータ$dateには日時を示す文字列が、$format$timestampには本関数が受け取った値が、$timezoneには適用されたタイムゾーン情報が格納されている。
$date = apply_filters( 'wp_date', $date, $format, $timestamp, $timezone );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

最終更新 : 2019年11月14日 10:49



お勧め

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 更新)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 更新)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、 query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

フォーム内のエスケープ処理を考える(2018年10月19日 更新)

WordPressにはエスケープ処理を行う esc_html関数と esc_attr関数がある。HTML要素(タグ)の属性値ならesc_attr関数を、それ以外はesc_html関数を使うことがほとんどだが、今回esc_html関数が適していないと思われるケースに遭遇した。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 更新)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

classic editorプラグインを試してみた(2018年12月10日 更新)

WordPress 5.0 beta1のリリースにあわせて旧エディター環境を実現できる「classic editor」(バージョン0.5.0)が公開された。自分が公開しているプラグインの一部が旧エディター環境に依存していることもあり、さっそく試してみた。WordPress 5.0正式リリースに合わせてclassic editorも1.0がリリースされたので、それについて追記しました。