wp_debug_backtrace_summary

(3.4以降)
wp_debug_backtrace_summary - デバッグ用の呼び出し情報を取得する

説明

mixed wp_debug_backtrace_summary( [ string $ignore_class = null [ , int $skip_frames = 0 [ , bool $pretty = true ] ] ] )
デバッグ用の呼び出し情報を取得する。

パラメータ

  • $ignore_class
    除外するクラス名を指定(省略時はnull)。
  • $skip_frames
    除外するフレーム数を指定(省略時は0)。
  • $pretty
    CSV形式の文字列で取得する場合はtrue、配列で取得する場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

パラメータ$prettyで指定されたデータ形式で呼び出し情報を返す。

注意

本関数を標準テーマ「Twenty Eleven」のfunctions.phpで定義されたtwentyeleven_setup関数の冒頭で呼び出した場合、パラメータ$prettyがtrueの場合は、出力結果は次のような内容になる(ここでは見やすくするために改行しているが、実際は改行ていしない)。
require('C:\Program Files (x86)\Apache Group\Apache2\htdocs\wp-blog-header.php'), 
require_once('C:\Program Files (x86)\Apache Group\Apache2\htdocs\wp-load.php'), 
require_once('C:\Program Files (x86)\Apache Group\Apache2\htdocs\wp-config.php'), 
require_once('C:\Program Files (x86)\Apache Group\Apache2\htdocs\wp-settings.php'), 
do_action('after_setup_theme'), 
call_user_func_array, 
twentyeleven_setup
パラメータ$prettyがfalseの場合は、出力結果は次のような内容になる。
array(7) {
  [0]=>string(18) "twentyeleven_setup"
  [1]=>string(20) "call_user_func_array"
  [2]=>string(30) "do_action('after_setup_theme')"
  [3]=>string(82) "require_once('C:\Program Files (x86)\Apache Group\Apache2\htdocs\wp-settings.php')"
  [4]=>string(80) "require_once('C:\Program Files (x86)\Apache Group\Apache2\htdocs\wp-config.php')"
  [5]=>string(78) "require_once('C:\Program Files (x86)\Apache Group\Apache2\htdocs\wp-load.php')"
  [6]=>string(80) "require('C:\Program Files (x86)\Apache Group\Apache2\htdocs\wp-blog-header.php')"
}
またパラメータ$skip_framesを1にした場合、'twentyeleven_setup'の情報が省略される。

使用例

  • デバッグ用の呼び出し情報をCSVでerror_logに出力する。
    <?php error_log( wp_debug_backtrace_summary( ) ); ?>
  • デバッグ用の呼び出し情報を1フレーム省略して配列で表示する。
    <?php var_dump( wp_debug_backtrace_summary( null, 1, false ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

最終更新日時 : 2012-06-15 20:57