wp_debug_mode

(3.0.0以降)
wp_debug_mode - デバッグ用の設定を行う

説明

void wp_debug_mode()
デバッグ用定数に応じたデバッグ用の設定を行う。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

WP_DEBUG、WP_DEBUG_DISPLAY、WP_DEBUG_LOGの定義内容に応じてデバッグ用の設定を行う。WP_DEBUG_DISPLAYおよびWP_DEBUG_LOGは、WP_DEBUGがtrueの場合のみ機能する。これらの定数は標準では/wp-includes/default-constants.phpで定義されるが、開発環境で有効にする場合はwp-config.phpにて適宜定義する。

XMLRPCリクエスト時、RESTリクエスト時、WordPressインストール時、AJAXリクエスト時は、WP_DEBUG_DISPLAYがtrueの場合でも無効となりエラー表示はオフになる。

WP_DEBUGおよびWP_DEBUG_LOGがtrueの場合、PHPのerror_log関数で出力される内容は/wp-content/debug.logに出力される(書き込み権限の設定が必要)。

使用例

テーマやプラグインで使用する関数ではない(wp-settings.phpで呼び出される)。

フィルター

[4.6.0]デバッグモードの処理を行う前に'enable_wp_debug_mode_checks'を呼び出す。第1パラメータにはデバッグモードの処理を行う場合はtrueが、デバッグモードの処理を行わない場合はfalseが格納されている。
if ( ! apply_filters( 'enable_wp_debug_mode_checks', true ) ){

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/load.php

お勧めコンテンツ

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2017-06-15 09:41