wp_default_editor

(2.5.0以降)
wp_default_editor - デフォルトの投稿エディタタイプを取得する

説明

string wp_default_editor( )
デフォルトの投稿エディタタイプを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

投稿エディタタイプとして'tinymce'、'html'、'test'の何れかを返す。'tinymce'は「ビジュアル」モード、'html'は「HTML」モードを指す。

注意

user_can_richedit関数を使ってユーザがビジュアルリッチエディターを使用できるか調べ、使用できるならば'tinymce'を、使用できないならば'html'をデフォルトとする。さらにユーザがログイン中の場合は、クッキー情報を参照し最終編集時の投稿エディタタイプを取得し、その値を返り値とする。

使用例

  • デフォルトの投稿エディタタイプが「ビジュアル」モードか調べる。
    <?php if ( wp_default_editor( ) == 'tinymce' ) : >

関連

お勧めコンテンツ

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

最終更新日時 : 2011-06-21 20:58