wp_default_editor

(2.5.0以降)
wp_default_editor - デフォルトの投稿エディタタイプを取得する

説明

string wp_default_editor( )
デフォルトの投稿エディタタイプを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

投稿エディタタイプとして'tinymce'、'html'、'test'の何れかを返す。'tinymce'は「ビジュアル」モード、'html'は「HTML」モードを指す。

注意

user_can_richedit関数を使ってユーザがビジュアルリッチエディターを使用できるか調べ、使用できるならば'tinymce'を、使用できないならば'html'をデフォルトとする。さらにユーザがログイン中の場合は、クッキー情報を参照し最終編集時の投稿エディタタイプを取得し、その値を返り値とする。

使用例

  • デフォルトの投稿エディタタイプが「ビジュアル」モードか調べる。
    <?php if ( wp_default_editor( ) == 'tinymce' ) : >

関連

お勧めコンテンツ

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

最終更新日時 : 2011-06-21 20:58