wp_default_editor

(2.5.0以降)
wp_default_editor - デフォルトの投稿エディタタイプを取得する

説明

string wp_default_editor( )
デフォルトの投稿エディタタイプを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

投稿エディタタイプとして'tinymce'、'html'、'test'の何れかを返す。'tinymce'は「ビジュアル」モード、'html'は「HTML」モードを指す。

注意

user_can_richedit関数を使ってユーザがビジュアルリッチエディターを使用できるか調べ、使用できるならば'tinymce'を、使用できないならば'html'をデフォルトとする。さらにユーザがログイン中の場合は、クッキー情報を参照し最終編集時の投稿エディタタイプを取得し、その値を返り値とする。

使用例

  • デフォルトの投稿エディタタイプが「ビジュアル」モードか調べる。
    <?php if ( wp_default_editor( ) == 'tinymce' ) : >

関連

お勧めコンテンツ

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2011-06-21 20:58