wp_delete_file

(4.2.0以降)
wp_delete_file - ファイルを削除する

説明

void wp_delete_file( string $file )
ファイルを削除する。

パラメータ

  • $file
    ファイルのパス名を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

'wp_delete_file'フィルターは2.1.0から存在し、メディアなどで使用しなくなったファイルを削除する際の削除確認に使用されていた。4.2以降でファイルを削除する場合は、直接unlink関数を呼び出さないほうがいいのかも。

使用例

  • $pathで指定されたファイルを削除する。
    <?php
    if ( function_exists( 'wp_delete_file' ) )
    	wp_delete_file( $path );
    else
    	@unlink( $path );
    ?>

フィルター

[2.1.0]ファイルを削除する前に'wp_delete_file'フィルターを呼び出す。パラメータ$fileにはファイルのパス名が格納される。このフィルターで''のようなempty評価になる値を返すと、ファイルは削除されない。
$delete = apply_filters( 'wp_delete_file', $file );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

最終更新日時 : 2015-04-26 10:35