wp_delete_file

(4.2.0以降)
wp_delete_file - ファイルを削除する

説明

void wp_delete_file( string $file )
ファイルを削除する。

パラメータ

  • $file
    ファイルのパス名を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

'wp_delete_file'フィルターは2.1.0から存在し、メディアなどで使用しなくなったファイルを削除する際の削除確認に使用されていた。4.2以降でファイルを削除する場合は、直接unlink関数を呼び出さないほうがいいのかも。

使用例

  • $pathで指定されたファイルを削除する。
    <?php
    if ( function_exists( 'wp_delete_file' ) )
    	wp_delete_file( $path );
    else
    	@unlink( $path );
    ?>

フィルター

[2.1.0]ファイルを削除する前に'wp_delete_file'フィルターを呼び出す。パラメータ$fileにはファイルのパス名が格納される。このフィルターで''のようなempty評価になる値を返すと、ファイルは削除されない。
$delete = apply_filters( 'wp_delete_file', $file );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

最終更新日時 : 2015-04-26 10:35