wp_delete_file

(4.2.0以降)
wp_delete_file - ファイルを削除する

説明

void wp_delete_file( string $file )
ファイルを削除する。

パラメータ

  • $file
    ファイルのパス名を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

'wp_delete_file'フィルターは2.1.0から存在し、メディアなどで使用しなくなったファイルを削除する際の削除確認に使用されていた。4.2以降でファイルを削除する場合は、直接unlink関数を呼び出さないほうがいいのかも。

使用例

  • $pathで指定されたファイルを削除する。
    <?php
    if ( function_exists( 'wp_delete_file' ) )
    	wp_delete_file( $path );
    else
    	@unlink( $path );
    ?>

フィルター

[2.1.0]ファイルを削除する前に'wp_delete_file'フィルターを呼び出す。パラメータ$fileにはファイルのパス名が格納される。このフィルターで''のようなempty評価になる値を返すと、ファイルは削除されない。
$delete = apply_filters( 'wp_delete_file', $file );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

最終更新日時 : 2015-04-26 10:35