wp_delete_file

(4.2.0以降)
wp_delete_file - ファイルを削除する

説明

void wp_delete_file( string $file )
ファイルを削除する。

パラメータ

  • $file
    ファイルのパス名を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

'wp_delete_file'フィルターは2.1.0から存在し、メディアなどで使用しなくなったファイルを削除する際の削除確認に使用されていた。4.2以降でファイルを削除する場合は、直接unlink関数を呼び出さないほうがいいのかも。

使用例

  • $pathで指定されたファイルを削除する。
    <?php
    if ( function_exists( 'wp_delete_file' ) )
    	wp_delete_file( $path );
    else
    	@unlink( $path );
    ?>

フィルター

[2.1.0]ファイルを削除する前に'wp_delete_file'フィルターを呼び出す。パラメータ$fileにはファイルのパス名が格納される。このフィルターで''のようなempty評価になる値を返すと、ファイルは削除されない。
$delete = apply_filters( 'wp_delete_file', $file );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

最終更新日時 : 2015-04-26 10:35