wp_delete_file_from_directory

説明

bool wp_delete_file_from_directory( string $file, string $directory )
パス名を確認した後でファイルを削除する。

パラメータ

  • $file
    ファイルのパス名を指定。
  • $directory
    ファイルが保存されているディレクトリのパス名を指定。

返り値

ファイルが削除( wp_delete_file関数を呼び出し)できた場合はtrue、削除できなかった場合はfalseを返す。


注意

パラメータ$file$directoryで指定されたファイル・ディレクトリが存在するか調べて絶対パスを取得。$directoryから取得した絶対パスが$fileから取得した絶対パスの先頭と一致する場合はwp_delete_file関数を呼び出してファイルを削除する。


使用例

  • パス名を確認した後でファイルを削除する。
    <?php wp_delete_file_from_directory( $file, $directory ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

最終更新 : 2018年07月06日 17:26



お勧め

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 更新)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

決まった値を返すだけの関数群(2018年5月27日 更新)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月7日 更新)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 更新)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 更新)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。