wp_delete_post

(1.0.0以降)
wp_delete_post - 投稿情報を削除する

説明

mixed wp_delete_post( [ int $postid = 0 [ , bool $force_delete = false ] ] )
投稿情報とそのコメント、カスタムフィールドなどの関連情報をまとめて削除する。

パラメータ

  • $postid
    投稿情報IDを指定(省略時は0)。
  • $force_delete
    完全に削除する場合はtrue、ゴミ箱に入れる場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

削除操作できた場合はその投稿情報を返す。投稿情報が見つからなかった場合はnull、削除操作できなかった場合はfalseを返す。

注意

投稿情報の削除は、1つはゴミ箱に入れると(ゴミ箱に入れれる投稿情報は、投稿タイプが'post'または'page'のみ)、完全に削除するの2パターンである。

使用例

  • 投稿IDが10の投稿情報を削除(ゴミ箱)する。
    <?php wp_delete_post( 10 ); ?>
  • 投稿IDが10の投稿情報を完全に削除する。
    <?php wp_delete_post( 10, true ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

投稿情報を削除する直前(関連情報は削除済み)、delete_postアクションを実行する。
do_action( 'delete_post', $postid );
投稿情報を削除した直後、deleted_postアクションを実行する。
do_action( 'deleted_post', $postid );
本関数を終了する直前、after_delete_postアクションを実行する。
do_action( 'after_delete_post', $postid );

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

最終更新日時 : 2014-10-08 17:21