wp_delete_post

(1.0.0以降)
wp_delete_post - 投稿情報を削除する

説明

mixed wp_delete_post( [ int $postid = 0 [ , bool $force_delete = false ] ] )
投稿情報とそのコメント、カスタムフィールドなどの関連情報をまとめて削除する。

パラメータ

  • $postid
    投稿情報IDを指定(省略時は0)。
  • $force_delete
    完全に削除する場合はtrue、ゴミ箱に入れる場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

削除操作できた場合はその投稿情報を返す。投稿情報が見つからなかった場合はnull、削除操作できなかった場合はfalseを返す。

注意

投稿情報の削除は、1つはゴミ箱に入れると(ゴミ箱に入れれる投稿情報は、投稿タイプが'post'または'page'のみ)、完全に削除するの2パターンである。

使用例

  • 投稿IDが10の投稿情報を削除(ゴミ箱)する。
    <?php wp_delete_post( 10 ); ?>
  • 投稿IDが10の投稿情報を完全に削除する。
    <?php wp_delete_post( 10, true ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

投稿情報を削除する直前(関連情報は削除済み)、delete_postアクションを実行する。
do_action( 'delete_post', $postid );
投稿情報を削除した直後、deleted_postアクションを実行する。
do_action( 'deleted_post', $postid );
本関数を終了する直前、after_delete_postアクションを実行する。
do_action( 'after_delete_post', $postid );

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

最終更新日時 : 2014-10-08 17:21