wp_die

(2.0.4以降)
wp_die - エラーメッセージを表示する

説明

void wp_die( string $message [ , string $title = '' [ , mixed $args = array() ] ] )
エラーメッセージ(ページ)を表示する。

パラメータ

  • $message
    エラーメッセージ。
  • $title
    ページタイトル(省略時は'')。
  • $args
    エラー処理を行う関数へ渡すパラメータ(省略時は空の配列)。

返り値

返り値はありません。

注意

テーマやプラグインにおいて、リクエストされたページを正常に表示(出力)できない場合に使用する。この関数が呼び出されると、リクエストされたページに関わらず強制的にエラーメッセージページを表示し、それ以降のプログラム(PHPスクリプト)は実行されない。

使用例

  • エラーメッセージとしてを表示する。
    <?php wp_die( '予期せぬエラーです。' ); ?>
  • タイトルを指定してエラーメッセージとしてを表示する。
    <?php wp_die( '予期せぬエラーです。', 'システムエラー' ); ?>

関連

  • wp_send_json - AjaxリクエストのレスポンスとしてJSON情報を返す

お勧めコンテンツ

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

最終更新日時 : 2011-09-20 13:33