wp_die

(2.0.4以降)
wp_die - エラーメッセージを表示する

説明

void wp_die( string $message [ , string $title = '' [ , mixed $args = array() ] ] )
エラーメッセージ(ページ)を表示する。

パラメータ

  • $message
    エラーメッセージ。
  • $title
    ページタイトル(省略時は'')。
  • $args
    エラー処理を行う関数へ渡すパラメータ(省略時は空の配列)。

返り値

返り値はありません。

注意

テーマやプラグインにおいて、リクエストされたページを正常に表示(出力)できない場合に使用する。この関数が呼び出されると、リクエストされたページに関わらず強制的にエラーメッセージページを表示し、それ以降のプログラム(PHPスクリプト)は実行されない。

使用例

  • エラーメッセージとしてを表示する。
    <?php wp_die( '予期せぬエラーです。' ); ?>
  • タイトルを指定してエラーメッセージとしてを表示する。
    <?php wp_die( '予期せぬエラーです。', 'システムエラー' ); ?>

関連

  • wp_send_json - AjaxリクエストのレスポンスとしてJSON情報を返す

お勧めコンテンツ

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

最終更新日時 : 2011-09-20 13:33