wp_die

(2.0.4以降)
wp_die - エラーメッセージを表示する

説明

void wp_die( string $message [ , string $title = '' [ , mixed $args = array() ] ] )
エラーメッセージ(ページ)を表示する。

パラメータ

  • $message
    エラーメッセージ。
  • $title
    ページタイトル(省略時は'')。
  • $args
    エラー処理を行う関数へ渡すパラメータ(省略時は空の配列)。

返り値

返り値はありません。

注意

テーマやプラグインにおいて、リクエストされたページを正常に表示(出力)できない場合に使用する。この関数が呼び出されると、リクエストされたページに関わらず強制的にエラーメッセージページを表示し、それ以降のプログラム(PHPスクリプト)は実行されない。

使用例

  • エラーメッセージとしてを表示する。
    <?php wp_die( '予期せぬエラーです。' ); ?>
  • タイトルを指定してエラーメッセージとしてを表示する。
    <?php wp_die( '予期せぬエラーです。', 'システムエラー' ); ?>

関連

  • wp_send_json - AjaxリクエストのレスポンスとしてJSON情報を返す

お勧めコンテンツ

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

最終更新日時 : 2011-09-20 13:33