wp_die

(2.0.4以降)
wp_die - エラーメッセージを表示する

説明

void wp_die( string $message [ , string $title = '' [ , mixed $args = array() ] ] )
エラーメッセージ(ページ)を表示する。

パラメータ

  • $message
    エラーメッセージ。
  • $title
    ページタイトル(省略時は'')。
  • $args
    エラー処理を行う関数へ渡すパラメータ(省略時は空の配列)。

返り値

返り値はありません。

注意

テーマやプラグインにおいて、リクエストされたページを正常に表示(出力)できない場合に使用する。この関数が呼び出されると、リクエストされたページに関わらず強制的にエラーメッセージページを表示し、それ以降のプログラム(PHPスクリプト)は実行されない。

使用例

  • エラーメッセージとしてを表示する。
    <?php wp_die( '予期せぬエラーです。' ); ?>
  • タイトルを指定してエラーメッセージとしてを表示する。
    <?php wp_die( '予期せぬエラーです。', 'システムエラー' ); ?>

関連

  • wp_send_json - AjaxリクエストのレスポンスとしてJSON情報を返す

お勧めコンテンツ

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

最終更新日時 : 2011-09-20 13:33