wp_doing_cron

(4.8.0以降)
wp_doing_cron - 現在のリクエストがcronリクエストか確認する

説明

bool wp_doing_cron()
現在のリクエストがcronリクエストか確認する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在のリクエストがcronリクエストの場合はtrueを、それ以外はfalseを返す。

注意

リクエストがcronリクエストの場合はDOING_CRONがtrueでtrueで定義されている。プラグインなどでcronリクエストか確認する場合は直接この定義を調べていた。今後プラグインなどの対応バージョンを限定できるなら本関数を利用するのが妥当だろう。

使用例

  • 現在のリクエストがcronリクエストか確認する。
    <?php if ( wp_doing_cron() ) : ?>

フィルター

[4.7.0]確認結果を返す前に'wp_doing_cron'を呼び出す。第1パラメータはcronリクエストの場合はtrueが、cronリクエスト以外の場合はfalseが格納されている。
return apply_filters( 'wp_doing_cron', defined( 'DOING_CRON' ) && DOING_CRON );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/load.php

関連

  • wp_doing_ajax - 現在のリクエストがAJAXリクエストか確認する

お勧めコンテンツ

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

最終更新日時 : 2017-06-09 15:44