wp_doing_cron

(4.8.0以降)
wp_doing_cron - 現在のリクエストがcronリクエストか確認する

説明

bool wp_doing_cron()
現在のリクエストがcronリクエストか確認する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在のリクエストがcronリクエストの場合はtrueを、それ以外はfalseを返す。

注意

リクエストがcronリクエストの場合はDOING_CRONがtrueでtrueで定義されている。プラグインなどでcronリクエストか確認する場合は直接この定義を調べていた。今後プラグインなどの対応バージョンを限定できるなら本関数を利用するのが妥当だろう。

使用例

  • 現在のリクエストがcronリクエストか確認する。
    <?php if ( wp_doing_cron() ) : ?>

フィルター

[4.7.0]確認結果を返す前に'wp_doing_cron'を呼び出す。第1パラメータはcronリクエストの場合はtrueが、cronリクエスト以外の場合はfalseが格納されている。
return apply_filters( 'wp_doing_cron', defined( 'DOING_CRON' ) && DOING_CRON );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/load.php

関連

  • wp_doing_ajax - 現在のリクエストがAJAXリクエストか確認する

お勧めコンテンツ

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

最終更新日時 : 2017-06-09 15:44