wp_dropdown_categories

説明

string wp_dropdown_categories( [ mixed $args = '' ] )
ドロップダウン形式のカテゴリーリストを表示または取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を指定する文字列または連想配列。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    show_option_allトップページURLのテキストを指定(省略時は'')
    show_option_noneカテゴリーがない場合のテキストを指定(省略時は__('No categories'))
    show_last_update最終更新日を出力する場合はtrue、出力しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)
    show_count投稿数を表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)
    echo表示する場合はtrue、取得する場合はfalseを指定(省略時はtrue)
    depth階層付きの場合はtrue、階層なし(フラット)の場合はfalseを指定(省略時はfalse)
    nameselect要素のname属性値を指定(省略時は'cat')
    idselect要素のid属性値を指定(省略時は'')
    classselect要素のclass属性値を指定(省略時は'postform')
    tab_indexselect要素のtabindex属性値を指定(省略時は0)
    hide_if_empty条件にマッチするカテゴリーがない場合にselect要素を出力しない場合はtrue、必ず出力する場合はfalseを指定(省略時はfalse)
    option_none_value(最初に表示される)未選択時のoption要素のvalue属性値を指定(省略時は-1)
    value_fieldoption要素のvalue属性値を指定(省略時は'term_id')
    required[4.6.0]select要素にrequired属性を指定(省略時はfalse)

    内部で呼び出される get_termsと共通するパラメータは次の通り。
    キーワード意味
    orderbyソート対象を示すcount、name、slug、term_group、none、idなど(省略時は'name')
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はASC)
    hide_empty投稿記事がないカテゴリーを取得しない場合はtrue(1)、投稿記事がないカテゴリーも取得する場合はfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    exclude取得したくないカテゴリーのID(複数指定する場合は,で区切る。省略時は'')
    child_ofカテゴリーのIDを指定(そのIDのカテゴリーの子孫がすべて対象となる。省略時はfalse)
    hierarchicaltrue(1)またはfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    taxonomyタクソノミーのスラッグを指定(省略時は'category')

返り値

パラメータ$argsで'echo'の値に0を指定した場合はカテゴリーリストのHTMLテキストを返す。'echo'の値が1の場合は何も返さない。

注意

デフォルトでは'hide_empty'が1(true)のため、投稿のないカテゴリーは含まれない。投稿数に関係なくすべてのカテゴリーを表示(取得)する場合は、'hide_empty=0'を指定する。
パラメータ$argsには'selected'があり、カテゴリーアーカイブページの場合には現在のカテゴリーのIDが設定されるようになっている。 [4.2.0]'value_field'が追加され、option要素のvalue属性値にタームID以外(例:カテゴリー名)を表示できるようになった。

使用例

  • ドロップダウン形式のカテゴリーリストを表示する。
    <?php wp_dropdown_categories(); ?>
  • ドロップダウン形式の全カテゴリーリストを取得する。
    <?php $dropdown = wp_dropdown_categories( array( 'echo'=>0, 'hide_empty'=>0, 'hierarchical'=>1 ) ); ?>

フィルター

HTMLテキストを表示または返す直前にwp_dropdown_catsフィルターを実行する。$outputにはHTMLテキストが入る。
$output = apply_filters( 'wp_dropdown_cats', $output );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

最終更新 : 2016年08月22日 11:38



お勧め

リビジョンの仕組みを勘違いしてた(2018年9月17日 更新)

過去の投稿情報を記録するリビジョン機能をカスタム投稿タイプで利用しようと思い作りこみしていたが、思惑通りの動きにならなかった。リビジョン機能は投稿情報の更新前の内容を記録するものと勝手に思い込んでいたのだが、どうやらそれは間違いだった。

Emojin:プラグイン作ってみました(2015年3月21日 更新)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

MOファイルを作ってみた(2018年7月25日 更新)

テーマやプラグインで使用するMOファイルはWindows環境では「Poedit」アプリを使うことが多かったが、最近では「GlotPress」のようなプラグインも増えてきており、選択肢は広がっている。定期的に開発環境を見直す過程で「Poedit」から「GlotPress」に切り替えようと思ったのだが、微妙にしっくりこなかった。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月31日 更新)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2018年5月27日 更新)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。