wp_dropdown_categories

(2.1.0以降)
wp_dropdown_categories - ドロップダウン形式のカテゴリーリストを表示または取得する

説明

string wp_dropdown_categories( [ mixed $args = '' ] )
ドロップダウン形式のカテゴリーリストを表示または取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を指定する文字列または連想配列。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    show_option_allトップページURLのテキストを指定(省略時は'')
    show_option_noneカテゴリーがない場合のテキストを指定(省略時は__('No categories'))
    show_last_update最終更新日を出力する場合はtrue、出力しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)
    show_count投稿数を表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)
    echo表示する場合はtrue、取得する場合はfalseを指定(省略時はtrue)
    depth階層付きの場合はtrue、階層なし(フラット)の場合はfalseを指定(省略時はfalse)
    nameselect要素のname属性値を指定(省略時は'cat')
    idselect要素のid属性値を指定(省略時は'')
    classselect要素のclass属性値を指定(省略時は'postform')
    tab_indexselect要素のtabindex属性値を指定(省略時は0)
    hide_if_empty条件にマッチするカテゴリーがない場合にselect要素を出力しない場合はtrue、必ず出力する場合はfalseを指定(省略時はfalse)
    option_none_value(最初に表示される)未選択時のoption要素のvalue属性値を指定(省略時は-1)
    value_fieldoption要素のvalue属性値を指定(省略時は'term_id')
    required[4.6.0]select要素にrequired属性を指定(省略時はfalse)

    内部で呼び出されるget_termsと共通するパラメータは次の通り。
    キーワード意味
    orderbyソート対象を示すcount、name、slug、term_group、none、idなど(省略時は'name')
    orderソート順を示すASCかDESC(省略時はASC)
    hide_empty投稿記事がないカテゴリーを取得しない場合はtrue(1)、投稿記事がないカテゴリーも取得する場合はfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    exclude取得したくないカテゴリーのID(複数指定する場合は,で区切る。省略時は'')
    child_ofカテゴリーのIDを指定(そのIDのカテゴリーの子孫がすべて対象となる。省略時はfalse)
    hierarchicaltrue(1)またはfalse(0)を指定(省略時はtrue)
    taxonomyタクソノミーのスラッグを指定(省略時は'category')

返り値

パラメータ$argsで'echo'の値に0を指定した場合はカテゴリーリストのHTMLテキストを返す。'echo'の値が1の場合は何も返さない。

注意

デフォルトでは'hide_empty'が1(true)のため、投稿のないカテゴリーは含まれない。投稿数に関係なくすべてのカテゴリーを表示(取得)する場合は、'hide_empty=0'を指定する。
パラメータ$argsには'selected'があり、カテゴリーアーカイブページの場合には現在のカテゴリーのIDが設定されるようになっている。 [4.2.0]'value_field'が追加され、option要素のvalue属性値にタームID以外(例:カテゴリー名)を表示できるようになった。

使用例

  • ドロップダウン形式のカテゴリーリストを表示する。
    <?php wp_dropdown_categories(); ?>
  • ドロップダウン形式の全カテゴリーリストを取得する。
    <?php $dropdown = wp_dropdown_categories( array( 'echo'=>0, 'hide_empty'=>0, 'hierarchical'=>1 ) ); ?>

フィルター

HTMLテキストを表示または返す直前にwp_dropdown_catsフィルターを実行する。$outputにはHTMLテキストが入る。
$output = apply_filters( 'wp_dropdown_cats', $output );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

関連

  • get_terms - タクソノミー情報を取得する
  • wp_dropdown_pages - ドロップダウン形式の固定ページリストを表示または取得する
  • wp_list_categories - カテゴリーリストを表示または取得する

お勧めコンテンツ

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

最終更新日時 : 2016-08-22 11:38