wp_dropdown_pages

(2.1.0以降)
wp_dropdown_pages - ドロップダウン形式の固定ページリストを表示または取得する

説明

string wp_dropdown_pages( [ mixed $args = '' ] )
ドロップダウン形式の固定ページリストを表示または取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を指定する文字列または連想配列。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    depth階層付きの場合は1、階層なし(フラット)の場合は0を指定(省略時は0)
    child_of親固定ページの投稿IDを指定(その投稿IDの固定ページの子孫がすべて対象となる。省略時は0)
    selected初期表示時に選択状態にする固定ページの投稿IDを指定(省略時は0)
    echo表示する場合は1、取得する場合は0を指定(省略時は1)
    nameselect要素のname属性値を指定(省略時は'page_id')
    idselect要素のid属性値を指定(省略時は'')
    classselect要素のclass属性値を指定(省略時は'')
    show_option_none固定ページがない場合のテキストを指定(省略時は'')
    show_option_no_change'no change'(変更なし)のテキストを指定(省略時は'')
    option_none_value(最初に表示される)未選択時のoption要素のvalue属性値を指定(省略時は-1)
    value_fieldoption要素のvalue属性値を指定(省略時は'ID')

返り値

常に固定ページリストのHTMLテキストを返す。

注意

option要素は、'show_option_no_change'、'show_option_none'固定ページリストの順で追加される。

[4.2.0]'value_field'が追加され、option要素のvalue属性値に投稿ID以外(例:カテゴリー名)を表示できるようになった。

[4.3.0]'class'が追加され、select要素の任意のclass属性値を指定できるようになった。

使用例

  • ドロップダウン形式の固定ページリストを表示する。
    <?php wp_dropdown_pages(); ?>
  • ドロップダウン形式の固定ページリストを取得する。
    <?php $dropdown = wp_dropdown_pages( array( 'echo'=>0 ) ); ?>

フィルター

HTMLテキストを表示または返す直前に'wp_dropdown_pages'フィルターを実行する。$outputにはHTMLテキストが入る。
$html = apply_filters( 'wp_dropdown_pages', $output );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

お勧めコンテンツ

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

最終更新日時 : 2015-08-19 17:46