wp_dropdown_pages

(2.1.0以降)
wp_dropdown_pages - ドロップダウン形式の固定ページリストを表示または取得する

説明

string wp_dropdown_pages( [ mixed $args = '' ] )
ドロップダウン形式の固定ページリストを表示または取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を指定する文字列または連想配列。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    depth階層付きの場合は1、階層なし(フラット)の場合は0を指定(省略時は0)
    child_of親固定ページの投稿IDを指定(その投稿IDの固定ページの子孫がすべて対象となる。省略時は0)
    selected初期表示時に選択状態にする固定ページの投稿IDを指定(省略時は0)
    echo表示する場合は1、取得する場合は0を指定(省略時は1)
    nameselect要素のname属性値を指定(省略時は'page_id')
    idselect要素のid属性値を指定(省略時は'')
    classselect要素のclass属性値を指定(省略時は'')
    show_option_none固定ページがない場合のテキストを指定(省略時は'')
    show_option_no_change'no change'(変更なし)のテキストを指定(省略時は'')
    option_none_value(最初に表示される)未選択時のoption要素のvalue属性値を指定(省略時は-1)
    value_fieldoption要素のvalue属性値を指定(省略時は'ID')

返り値

常に固定ページリストのHTMLテキストを返す。

注意

option要素は、'show_option_no_change'、'show_option_none'固定ページリストの順で追加される。

[4.2.0]'value_field'が追加され、option要素のvalue属性値に投稿ID以外(例:カテゴリー名)を表示できるようになった。

[4.3.0]'class'が追加され、select要素の任意のclass属性値を指定できるようになった。

使用例

  • ドロップダウン形式の固定ページリストを表示する。
    <?php wp_dropdown_pages(); ?>
  • ドロップダウン形式の固定ページリストを取得する。
    <?php $dropdown = wp_dropdown_pages( array( 'echo'=>0 ) ); ?>

フィルター

HTMLテキストを表示または返す直前に'wp_dropdown_pages'フィルターを実行する。$outputにはHTMLテキストが入る。
$html = apply_filters( 'wp_dropdown_pages', $output );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

お勧めコンテンツ

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

最終更新日時 : 2015-08-19 17:46