wp_dropdown_pages

(2.1.0以降)
wp_dropdown_pages - ドロップダウン形式の固定ページリストを表示または取得する

説明

string wp_dropdown_pages( [ mixed $args = '' ] )
ドロップダウン形式の固定ページリストを表示または取得する。

パラメータ

  • $args
    検索条件を指定する文字列または連想配列。主なキーワードは次の通り。
    キーワード意味
    depth階層付きの場合は1、階層なし(フラット)の場合は0を指定(省略時は0)
    child_of親固定ページの投稿IDを指定(その投稿IDの固定ページの子孫がすべて対象となる。省略時は0)
    selected初期表示時に選択状態にする固定ページの投稿IDを指定(省略時は0)
    echo表示する場合は1、取得する場合は0を指定(省略時は1)
    nameselect要素のname属性値を指定(省略時は'page_id')
    idselect要素のid属性値を指定(省略時は'')
    classselect要素のclass属性値を指定(省略時は'')
    show_option_none固定ページがない場合のテキストを指定(省略時は'')
    show_option_no_change'no change'(変更なし)のテキストを指定(省略時は'')
    option_none_value(最初に表示される)未選択時のoption要素のvalue属性値を指定(省略時は-1)
    value_fieldoption要素のvalue属性値を指定(省略時は'ID')

返り値

常に固定ページリストのHTMLテキストを返す。

注意

option要素は、'show_option_no_change'、'show_option_none'固定ページリストの順で追加される。

[4.2.0]'value_field'が追加され、option要素のvalue属性値に投稿ID以外(例:カテゴリー名)を表示できるようになった。

[4.3.0]'class'が追加され、select要素の任意のclass属性値を指定できるようになった。

使用例

  • ドロップダウン形式の固定ページリストを表示する。
    <?php wp_dropdown_pages(); ?>
  • ドロップダウン形式の固定ページリストを取得する。
    <?php $dropdown = wp_dropdown_pages( array( 'echo'=>0 ) ); ?>

フィルター

HTMLテキストを表示または返す直前に'wp_dropdown_pages'フィルターを実行する。$outputにはHTMLテキストが入る。
$html = apply_filters( 'wp_dropdown_pages', $output );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

お勧めコンテンツ

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

最終更新日時 : 2015-08-19 17:46