wp_editor

説明

void wp_editor( string $content, string $editor_id [ , array $settings = array( ] )
エディタを表示する。

パラメータ

  • $content
    エディタに設定するテキストを指定。
  • $editor_id
    エディタのIDを指定。
  • $settings
    エディタの各種設定を連想配列で指定(省略時は空配列)。連想配列のキー名は次の通り。
    キー名意味省略時の値
    'wpautop'wpautopを使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定true
    'media_buttons'メディアボタンを表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定true
    'textarea_name'name属性値を指定パラメータ$editor_idの値
    'textarea_rows'エディタの行数を指定20
    'tabindex'tabindex属性値を指定''
    'tabfocus_elements'タブフォーカスの要素属性ID':prev,:next'
    'editor_css'エディタのスタイル''
    'editor_class'エディタのクラス名''
    'teeny'最少エディタの場合はtrue、それ以外がfalseを指定false
    'dfw'フルスクリーンモード(DFW)の指定false
    'tinymce'TinyMCEの読み込みtrue
    'quicktags'Quicktagsの読み込みtrue

返り値

返り値がありません。

注意

この関数を使用することで、投稿画面のコンテンツエディタと同様のエディタを任意の場所に表示できる(基本的にプラグインによる拡張部分は適用されない)。

使用例

  • IDが'memo'のエディタを表示する。
    <?php wp_editor( '', 'memo' ); ?>
  • IDが'post-content'、メディアボタンなし、name属性が'post[content]'、3行分のエディタを表示する。
    <?php wp_editor( '', 'post-content', array( 'media_buttons'=>false, 'textarea_name'=>'post[content]','textarea_rows'=>3 ) ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

最終更新 : 2017年06月09日 12:01



お勧め

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2018年5月27日 更新)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 更新)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

5.5の機能強化:テーマ変更時に要求バージョンを確認(2020年8月12日 更新)

WordPress 5.5 RC 2が公開され、来週には正式版がリリース。変更箇所が多い「WordPress 5.5 RC 2(以降RC 2)」のソースコードを眺めていると、テーマの切り替え前にWordPressとPHPのバージョンを確認するようになっていた。

サイトヘルス機能を使ってみた(2019年4月12日 更新)

先月末にWordPress 5.2 Beta1が、今日はWordPress 5.2 Beta2(以降5.2Beta2)が公開された。5.2ではブロックエディターの機能が強化され、サイトの安全性とパフォーマンス向上に役立つとされるサイトヘルス機能が追加される。

ブロックエディターで編集したページが出力した余分な改行を削除(2019年2月22日 更新)

ブロックエディターで編集したページのHTMLソースは、投稿本文部分の改行が目立った。Webページとしての表示は問題ないのだが、データとしては不要なので削除することにした。