wp_editor

説明

void wp_editor( string $content, string $editor_id [ , array $settings = array( ] )
エディタを表示する。

パラメータ

  • $content
    エディタに設定するテキストを指定。
  • $editor_id
    エディタのIDを指定。
  • $settings
    エディタの各種設定を連想配列で指定(省略時は空配列)。連想配列のキー名は次の通り。
    キー名意味省略時の値
    'wpautop'wpautopを使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定true
    'media_buttons'メディアボタンを表示する場合はtrue、表示しない場合はfalseを指定true
    'textarea_name'name属性値を指定パラメータ$editor_idの値
    'textarea_rows'エディタの行数を指定20
    'tabindex'tabindex属性値を指定''
    'tabfocus_elements'タブフォーカスの要素属性ID':prev,:next'
    'editor_css'エディタのスタイル''
    'editor_class'エディタのクラス名''
    'teeny'最少エディタの場合はtrue、それ以外がfalseを指定false
    'dfw'フルスクリーンモード(DFW)の指定false
    'tinymce'TinyMCEの読み込みtrue
    'quicktags'Quicktagsの読み込みtrue

返り値

返り値がありません。

注意

この関数を使用することで、投稿画面のコンテンツエディタと同様のエディタを任意の場所に表示できる(基本的にプラグインによる拡張部分は適用されない)。

使用例

  • IDが'memo'のエディタを表示する。
    <?php wp_editor( '', 'memo' ); ?>
  • IDが'post-content'、メディアボタンなし、name属性が'post[content]'、3行分のエディタを表示する。
    <?php wp_editor( '', 'post-content', array( 'media_buttons'=>false, 'textarea_name'=>'post[content]','textarea_rows'=>3 ) ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

最終更新 : 2017年06月09日 12:01



お勧め

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2018年5月27日 更新)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

MOファイルを作ってみた(2018年7月25日 更新)

テーマやプラグインで使用するMOファイルはWindows環境では「Poedit」アプリを使うことが多かったが、最近では「GlotPress」のようなプラグインも増えてきており、選択肢は広がっている。定期的に開発環境を見直す過程で「Poedit」から「GlotPress」に切り替えようと思ったのだが、微妙にしっくりこなかった。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 更新)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月14日 更新)

久しぶりに query_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 更新)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。