wp_embed_defaults

(2.9.0以降)
wp_embed_defaults - 投稿記事中に埋め込む動画などのサイズを取得する

説明

array wp_embed_defaults( )
投稿記事中に埋め込む動画などのサイズを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

'width'と'height'のキーを持つ連想配列を返す。

注意

管理者ページの埋め込みファイルの最大サイズ(メディア設定内)の「幅」と「高さ」の設定値をget_option('embed_size_w')とget_option('embed_size_h')で取得。なお「幅」が未設定の場合、テーマのfunctions.phpなどで$content_widthが設定されている場合はその値が適用され、それも設定されていない場合は「500」になる。また「高さ」が未設定の場合は「700」になる。

使用例

  • 投稿記事中に埋め込む動画などのサイズを取得する。
    <?php $size = wp_embed_defaults(); ?>

フィルター

取得したサイズを返す前にembed_defaultsフィルターを実行し、そのフィルターの戻り値をこの関数の返り値とする。
apply_filters( 'embed_defaults', array( 'width' => $width, 'height' => $height ) );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2017年8月31日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

最終更新日時 : 2011-12-01 13:25