wp_enqueue_style

(2.6.0以降)
wp_enqueue_style - スタイルシートを出力用のキューに入れる

説明

void wp_enqueue_style( string $handle [ , string $src = false [ , array $deps = array() [ , string $ver = false [ , string $media = 'all' ] ] ] ] )
使用するスタイルシート(CSS)を出力用のキューに入れる。パラメータ$srcが指定された場合は、グローバル変数$wp_stylesに登録してから出力用のキューに入れる。

パラメータ

  • $handle
    スタイルシートのハンドル名を指定。
  • $src
    スタイルシートのパス名を指定(省略時はfalse)。
  • $deps
    関連するスタイルシートのハンドル名を配列で指定(省略時はarray())。
  • $var
    スタイルシートのバージョンを指定(省略時はfalse)。
  • $media
    スタイルシートの対応メディアを指定(省略時は'all')。

返り値

返り値はありません。

注意

このwp_enqueue_style関数の呼び出しは、原則的にinitアクションの実行後に行うこと。キューに入れたスタイルシートはwp_head関数(実際はその中のアクション)によって出力される。
スタイルシートはグローバル変数$wp_stylesのプロパティregisteredに連想配列として登録される。$wp_stylesは通常NULLになっているが、管理バーの表示状態では次のスタイルシートが登録されえている(3.3時点)。
ハンドル名(handle)パス名(src)関連するスタイルシート(deps)バージョン(ver)rtl
wp-admin/wp-admin/css/wp-admin.css-20111208true
ie/wp-admin/css/ie.css-20111130true
colors-wp-admin20111206-
colors-fresh/wp-admin/css/colors-fresh.csswp-admin20111206-
colors-classic/wp-admin/css/colors-classic.csswp-admin20111206-
media/wp-admin/css/media.css-20111119-
install/wp-admin/css/install.css-20111117-
thickbox/wp-includes/js/thickbox/thickbox.css-20111117-
farbtastic/wp-admin/css/farbtastic.css-1.3u1-
jcrop/wp-includes/js/jcrop/jquery.Jcrop.css-0.9.8-
imgareaselect/wp-includes/js/imgareaselect/imgareaselect.css-0.9.1-
admin-bar/wp-includes/css/admin-bar.css-20111209true
wp-jquery-ui-dialog/wp-includes/css/jquery-ui-dialog.css-20111107-
editor-buttons/wp-includes/css/editor-buttons.css-20111114-
wp-pointer/wp-includes/css/wp-pointer.css-20111205-

「関連するスタイルシート(deps)」のハンドル名のスタイルシートは、それらがwp_enqueue_style関数にて指定されていない場合でも自動的に出力されるものになる。例えば、wp_enqueue_style( 'colors-fresh' )を指定した場合は、次のようにwp-head関数で'wp-admin'のスタイルシートが出力される。
<head>
<!-- 中略 -->
<link rel='stylesheet' id='wp-admin-css'  href='http://localhost/wp-admin/css/wp-admin.css?ver=20111208' type='text/css' media='all' />
<link rel='stylesheet' id='colors-fresh-css'  href='http://localhost/wp-admin/css/colors-fresh.css?ver=20111206' type='text/css' media='all' />
<!-- 中略 -->
</head>

使用例

  • jQuery UI DialogのCSSをキューに入れる。
    <?php wp_enqueue_style( 'wp-jquery-ui-dialog' ); ?>
  • テーマ独自スタイルシート'mytheme-css'を$wp_stylesに登録後、キューに入れる。
    <?php wp_enqueue_style( 'mytheme-css', get_template_directory_uri().'/style.css' ); ?>
  • プラグイン独自スタイルシート'myplugin-css'を$wp_stylesに登録後、キューに入れる。
    <?php wp_enqueue_style( 'myplugin-css', plugins_url( '/style.css', __FILE__ ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.wp-styles.php

関連

お勧めコンテンツ

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

最終更新日時 : 2015-02-09 09:45