wp_enqueue_style

(2.6.0以降)
wp_enqueue_style - スタイルシートを出力用のキューに入れる

説明

void wp_enqueue_style( string $handle [ , string $src = false [ , array $deps = array() [ , string $ver = false [ , string $media = 'all' ] ] ] ] )
使用するスタイルシート(CSS)を出力用のキューに入れる。パラメータ$srcが指定された場合は、グローバル変数$wp_stylesに登録してから出力用のキューに入れる。

パラメータ

  • $handle
    スタイルシートのハンドル名を指定。
  • $src
    スタイルシートのパス名を指定(省略時はfalse)。
  • $deps
    関連するスタイルシートのハンドル名を配列で指定(省略時はarray())。
  • $var
    スタイルシートのバージョンを指定(省略時はfalse)。
  • $media
    スタイルシートの対応メディアを指定(省略時は'all')。

返り値

返り値はありません。

注意

このwp_enqueue_style関数の呼び出しは、原則的にinitアクションの実行後に行うこと。キューに入れたスタイルシートはwp_head関数(実際はその中のアクション)によって出力される。
スタイルシートはグローバル変数$wp_stylesのプロパティregisteredに連想配列として登録される。$wp_stylesは通常NULLになっているが、管理バーの表示状態では次のスタイルシートが登録されえている(3.3時点)。
ハンドル名(handle)パス名(src)関連するスタイルシート(deps)バージョン(ver)rtl
wp-admin/wp-admin/css/wp-admin.css-20111208true
ie/wp-admin/css/ie.css-20111130true
colors-wp-admin20111206-
colors-fresh/wp-admin/css/colors-fresh.csswp-admin20111206-
colors-classic/wp-admin/css/colors-classic.csswp-admin20111206-
media/wp-admin/css/media.css-20111119-
install/wp-admin/css/install.css-20111117-
thickbox/wp-includes/js/thickbox/thickbox.css-20111117-
farbtastic/wp-admin/css/farbtastic.css-1.3u1-
jcrop/wp-includes/js/jcrop/jquery.Jcrop.css-0.9.8-
imgareaselect/wp-includes/js/imgareaselect/imgareaselect.css-0.9.1-
admin-bar/wp-includes/css/admin-bar.css-20111209true
wp-jquery-ui-dialog/wp-includes/css/jquery-ui-dialog.css-20111107-
editor-buttons/wp-includes/css/editor-buttons.css-20111114-
wp-pointer/wp-includes/css/wp-pointer.css-20111205-

「関連するスタイルシート(deps)」のハンドル名のスタイルシートは、それらがwp_enqueue_style関数にて指定されていない場合でも自動的に出力されるものになる。例えば、wp_enqueue_style( 'colors-fresh' )を指定した場合は、次のようにwp-head関数で'wp-admin'のスタイルシートが出力される。
<head>
<!-- 中略 -->
<link rel='stylesheet' id='wp-admin-css'  href='http://localhost/wp-admin/css/wp-admin.css?ver=20111208' type='text/css' media='all' />
<link rel='stylesheet' id='colors-fresh-css'  href='http://localhost/wp-admin/css/colors-fresh.css?ver=20111206' type='text/css' media='all' />
<!-- 中略 -->
</head>

使用例

  • jQuery UI DialogのCSSをキューに入れる。
    <?php wp_enqueue_style( 'wp-jquery-ui-dialog' ); ?>
  • テーマ独自スタイルシート'mytheme-css'を$wp_stylesに登録後、キューに入れる。
    <?php wp_enqueue_style( 'mytheme-css', get_template_directory_uri().'/style.css' ); ?>
  • プラグイン独自スタイルシート'myplugin-css'を$wp_stylesに登録後、キューに入れる。
    <?php wp_enqueue_style( 'myplugin-css', plugins_url( '/style.css', __FILE__ ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.wp-styles.php

関連

お勧めコンテンツ

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

最終更新日時 : 2015-02-09 09:45