wp_enqueue_style

説明

void wp_enqueue_style( string $handle [ , string $src = false [ , array $deps = array() [ , string $ver = false [ , string $media = 'all' ] ] ] ] )
使用するスタイルシート(CSS)を出力用のキューに入れる。パラメータ$srcが指定された場合は、グローバル変数$wp_stylesに登録してから出力用のキューに入れる。

パラメータ

  • $handle
    スタイルシートのハンドル名を指定。
  • $src
    スタイルシートのパス名を指定(省略時はfalse)。
  • $deps
    関連するスタイルシートのハンドル名を配列で指定(省略時はarray())。
  • $var
    スタイルシートのバージョンを指定(省略時はfalse)。
  • $media
    スタイルシートの対応メディアを指定(省略時は'all')。

返り値

返り値はありません。

注意

このwp_enqueue_style関数の呼び出しは、原則的にinitアクションの実行後に行うこと。キューに入れたスタイルシートは wp_head関数(実際はその中のアクション)によって出力される。
スタイルシートはグローバル変数$wp_stylesのプロパティregisteredに連想配列として登録される。$wp_stylesは通常NULLになっているが、管理バーの表示状態では次のスタイルシートが登録されえている(3.3時点)。
ハンドル名(handle)パス名(src)関連するスタイルシート(deps)バージョン(ver)rtl
wp-admin/wp-admin/css/wp-admin.css-20111208true
ie/wp-admin/css/ie.css-20111130true
colors-wp-admin20111206-
colors-fresh/wp-admin/css/colors-fresh.csswp-admin20111206-
colors-classic/wp-admin/css/colors-classic.csswp-admin20111206-
media/wp-admin/css/media.css-20111119-
install/wp-admin/css/install.css-20111117-
thickbox/wp-includes/js/thickbox/thickbox.css-20111117-
farbtastic/wp-admin/css/farbtastic.css-1.3u1-
jcrop/wp-includes/js/jcrop/jquery.Jcrop.css-0.9.8-
imgareaselect/wp-includes/js/imgareaselect/imgareaselect.css-0.9.1-
admin-bar/wp-includes/css/admin-bar.css-20111209true
wp-jquery-ui-dialog/wp-includes/css/jquery-ui-dialog.css-20111107-
editor-buttons/wp-includes/css/editor-buttons.css-20111114-
wp-pointer/wp-includes/css/wp-pointer.css-20111205-

「関連するスタイルシート(deps)」のハンドル名のスタイルシートは、それらがwp_enqueue_style関数にて指定されていない場合でも自動的に出力されるものになる。例えば、wp_enqueue_style( 'colors-fresh' )を指定した場合は、次のようにwp-head関数で'wp-admin'のスタイルシートが出力される。
<head>
<!-- 中略 -->
<link rel='stylesheet' id='wp-admin-css'  href='http://localhost/wp-admin/css/wp-admin.css?ver=20111208' type='text/css' media='all' />
<link rel='stylesheet' id='colors-fresh-css'  href='http://localhost/wp-admin/css/colors-fresh.css?ver=20111206' type='text/css' media='all' />
<!-- 中略 -->
</head>

使用例

  • jQuery UI DialogのCSSをキューに入れる。
    <?php wp_enqueue_style( 'wp-jquery-ui-dialog' ); ?>
  • テーマ独自スタイルシート'mytheme-css'を$wp_stylesに登録後、キューに入れる。
    <?php wp_enqueue_style( 'mytheme-css', get_template_directory_uri().'/style.css' ); ?>
  • プラグイン独自スタイルシート'myplugin-css'を$wp_stylesに登録後、キューに入れる。
    <?php wp_enqueue_style( 'myplugin-css', plugins_url( '/style.css', __FILE__ ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.wp-styles.php

最終更新 : 2015年02月09日 09:45



お勧め

Gutenbergエディターのフォントを変える(2018年10月16日 更新)

Gutenbergエディターを試していてしっくりこないのが、編集時とそれを投稿した際の見た目の違い。GutenbergエディターとテーマTwenty Seventeenとではまったく異なるタイプのフォントが適用されていることが大きな理由である。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月31日 更新)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2018年5月27日 更新)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

LevelとCapability(2018年5月27日 更新)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

ブロックエディターのタグ入力にタグクラウド機能を追加した(2019年1月10日 更新)

ブロックエディターのタグ入力には「よく使われているタグから選択」から表示される「タグクラウド」がない。ブロックエディターの不満なところのひとつがこれであり、うまく解消することができないか考えてみた。