wp_enqueue_style

(2.6.0以降)
wp_enqueue_style - スタイルシートを出力用のキューに入れる

説明

void wp_enqueue_style( string $handle [ , string $src = false [ , array $deps = array() [ , string $ver = false [ , string $media = 'all' ] ] ] ] )
使用するスタイルシート(CSS)を出力用のキューに入れる。パラメータ$srcが指定された場合は、グローバル変数$wp_stylesに登録してから出力用のキューに入れる。

パラメータ

  • $handle
    スタイルシートのハンドル名を指定。
  • $src
    スタイルシートのパス名を指定(省略時はfalse)。
  • $deps
    関連するスタイルシートのハンドル名を配列で指定(省略時はarray())。
  • $var
    スタイルシートのバージョンを指定(省略時はfalse)。
  • $media
    スタイルシートの対応メディアを指定(省略時は'all')。

返り値

返り値はありません。

注意

このwp_enqueue_style関数の呼び出しは、原則的にinitアクションの実行後に行うこと。キューに入れたスタイルシートはwp_head関数(実際はその中のアクション)によって出力される。
スタイルシートはグローバル変数$wp_stylesのプロパティregisteredに連想配列として登録される。$wp_stylesは通常NULLになっているが、管理バーの表示状態では次のスタイルシートが登録されえている(3.3時点)。
ハンドル名(handle)パス名(src)関連するスタイルシート(deps)バージョン(ver)rtl
wp-admin/wp-admin/css/wp-admin.css-20111208true
ie/wp-admin/css/ie.css-20111130true
colors-wp-admin20111206-
colors-fresh/wp-admin/css/colors-fresh.csswp-admin20111206-
colors-classic/wp-admin/css/colors-classic.csswp-admin20111206-
media/wp-admin/css/media.css-20111119-
install/wp-admin/css/install.css-20111117-
thickbox/wp-includes/js/thickbox/thickbox.css-20111117-
farbtastic/wp-admin/css/farbtastic.css-1.3u1-
jcrop/wp-includes/js/jcrop/jquery.Jcrop.css-0.9.8-
imgareaselect/wp-includes/js/imgareaselect/imgareaselect.css-0.9.1-
admin-bar/wp-includes/css/admin-bar.css-20111209true
wp-jquery-ui-dialog/wp-includes/css/jquery-ui-dialog.css-20111107-
editor-buttons/wp-includes/css/editor-buttons.css-20111114-
wp-pointer/wp-includes/css/wp-pointer.css-20111205-

「関連するスタイルシート(deps)」のハンドル名のスタイルシートは、それらがwp_enqueue_style関数にて指定されていない場合でも自動的に出力されるものになる。例えば、wp_enqueue_style( 'colors-fresh' )を指定した場合は、次のようにwp-head関数で'wp-admin'のスタイルシートが出力される。
<head>
<!-- 中略 -->
<link rel='stylesheet' id='wp-admin-css'  href='http://localhost/wp-admin/css/wp-admin.css?ver=20111208' type='text/css' media='all' />
<link rel='stylesheet' id='colors-fresh-css'  href='http://localhost/wp-admin/css/colors-fresh.css?ver=20111206' type='text/css' media='all' />
<!-- 中略 -->
</head>

使用例

  • jQuery UI DialogのCSSをキューに入れる。
    <?php wp_enqueue_style( 'wp-jquery-ui-dialog' ); ?>
  • テーマ独自スタイルシート'mytheme-css'を$wp_stylesに登録後、キューに入れる。
    <?php wp_enqueue_style( 'mytheme-css', get_template_directory_uri().'/style.css' ); ?>
  • プラグイン独自スタイルシート'myplugin-css'を$wp_stylesに登録後、キューに入れる。
    <?php wp_enqueue_style( 'myplugin-css', plugins_url( '/style.css', __FILE__ ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.wp-styles.php

関連

お勧めコンテンツ

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

最終更新日時 : 2015-02-09 09:45