wp_extract_urls

(3.7.0以降)
wp_extract_urls - テキスト内のURLを抽出する

説明

array wp_extract_urls( string $content )
テキスト内のURLを抽出する。

パラメータ

  • $content
    テキストを指定。

返り値

パラメータ$contentに含まれているURLを配列で返す。URLが見つからなかった場合は空の配列を返す。

注意

抽出されるURLは正規表現で識別され、3.7.0でざっと確認した限り次のようになっている。意図した通りの結果が得られない場合があるので、使用する際はご注意を。

1.テキスト内容が"wordpress.org ja.wordpress.org http://wordpress.org"の場合、「wordpress.org」はマッチせず、「ja.wordpress.org」と「http://wordpress.org」のみマッチする。
2.テキスト内容が"wordpress.orgおよびja.wordpress.org"の場合、「wordpress.orgおよびja.wordpress.org」が1つのURLとしてマッチしてしまう。
3.テキスト内容が"wordpress.org,ja.wordpress.org"の場合、「wordpress.org,ja.wordpress.org」が1つのURLとしてマッチしてしまう。
4.テキスト内容が"localhost"ドメインの場合はマッチしない(開発環境は要注意)。

使用例

  • 変数$post_contentのURLを抽出する。
    <?php $urls = wp_extract_urls( $post_content ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

最終更新日時 : 2015-08-04 18:41