wp_extract_urls

(3.7.0以降)
wp_extract_urls - テキスト内のURLを抽出する

説明

array wp_extract_urls( string $content )
テキスト内のURLを抽出する。

パラメータ

  • $content
    テキストを指定。

返り値

パラメータ$contentに含まれているURLを配列で返す。URLが見つからなかった場合は空の配列を返す。

注意

抽出されるURLは正規表現で識別され、3.7.0でざっと確認した限り次のようになっている。意図した通りの結果が得られない場合があるので、使用する際はご注意を。

1.テキスト内容が"wordpress.org ja.wordpress.org http://wordpress.org"の場合、「wordpress.org」はマッチせず、「ja.wordpress.org」と「http://wordpress.org」のみマッチする。
2.テキスト内容が"wordpress.orgおよびja.wordpress.org"の場合、「wordpress.orgおよびja.wordpress.org」が1つのURLとしてマッチしてしまう。
3.テキスト内容が"wordpress.org,ja.wordpress.org"の場合、「wordpress.org,ja.wordpress.org」が1つのURLとしてマッチしてしまう。
4.テキスト内容が"localhost"ドメインの場合はマッチしない(開発環境は要注意)。

使用例

  • 変数$post_contentのURLを抽出する。
    <?php $urls = wp_extract_urls( $post_content ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

最終更新日時 : 2015-08-04 18:41