wp_extract_urls

(3.7.0以降)
wp_extract_urls - テキスト内のURLを抽出する

説明

array wp_extract_urls( string $content )
テキスト内のURLを抽出する。

パラメータ

  • $content
    テキストを指定。

返り値

パラメータ$contentに含まれているURLを配列で返す。URLが見つからなかった場合は空の配列を返す。

注意

抽出されるURLは正規表現で識別され、3.7.0でざっと確認した限り次のようになっている。意図した通りの結果が得られない場合があるので、使用する際はご注意を。

1.テキスト内容が"wordpress.org ja.wordpress.org http://wordpress.org"の場合、「wordpress.org」はマッチせず、「ja.wordpress.org」と「http://wordpress.org」のみマッチする。
2.テキスト内容が"wordpress.orgおよびja.wordpress.org"の場合、「wordpress.orgおよびja.wordpress.org」が1つのURLとしてマッチしてしまう。
3.テキスト内容が"wordpress.org,ja.wordpress.org"の場合、「wordpress.org,ja.wordpress.org」が1つのURLとしてマッチしてしまう。
4.テキスト内容が"localhost"ドメインの場合はマッチしない(開発環境は要注意)。

使用例

  • 変数$post_contentのURLを抽出する。
    <?php $urls = wp_extract_urls( $post_content ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

最終更新日時 : 2015-08-04 18:41