wp_extract_urls

(3.7.0以降)
wp_extract_urls - テキスト内のURLを抽出する

説明

array wp_extract_urls( string $content )
テキスト内のURLを抽出する。

パラメータ

  • $content
    テキストを指定。

返り値

パラメータ$contentに含まれているURLを配列で返す。URLが見つからなかった場合は空の配列を返す。

注意

抽出されるURLは正規表現で識別され、3.7.0でざっと確認した限り次のようになっている。意図した通りの結果が得られない場合があるので、使用する際はご注意を。

1.テキスト内容が"wordpress.org ja.wordpress.org http://wordpress.org"の場合、「wordpress.org」はマッチせず、「ja.wordpress.org」と「http://wordpress.org」のみマッチする。
2.テキスト内容が"wordpress.orgおよびja.wordpress.org"の場合、「wordpress.orgおよびja.wordpress.org」が1つのURLとしてマッチしてしまう。
3.テキスト内容が"wordpress.org,ja.wordpress.org"の場合、「wordpress.org,ja.wordpress.org」が1つのURLとしてマッチしてしまう。
4.テキスト内容が"localhost"ドメインの場合はマッチしない(開発環境は要注意)。

使用例

  • 変数$post_contentのURLを抽出する。
    <?php $urls = wp_extract_urls( $post_content ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

最終更新日時 : 2015-08-04 18:41