wp_generate_password

(2.5以降)
wp_generate_password - パスワードを生成する

説明

string wp_generate_password( [ int $length = 12 [ , bool $special_chars = true [ , bool $extra_special_chars = false ] ] ] )
パスワードを生成する。

パラメータ

  • $length
    パスワードの長さを指定(省略時は12)
  • $special_chars
    パスワードに特殊文字1を含める場合はtrueを指定(省略時はfalse)
  • $extra_special_chars
    パスワードに特殊文字2を指定(省略時はfalse)

返り値

生成したパスワードを返す。

注意

パスワードは、標準で英小文字、英大文字、数字の組み合わせになるが、パラメータ$special_chars$extra_special_charsにtrueを指定することで、次に示す特殊文字を追加することができる。
パラメータパスワードに追加される特殊文字
$special_charsがtrue!@#$%^&*()
$extra_special_charsがtrue-_ []{}<>~`+=,.;:/?|
なお特殊文字を指定した場合であっても、生成したパスワードに特殊文字が含まれるとは限らない。

使用例

  • 12桁のパスワードを生成する。
    <?php $pw = wp_generate_password(); ?>
  • 8桁のパスワードを生成する。
    <?php $pw = wp_generate_password( 8 ); ?>
  • 8桁で特殊文字を使用したパスワードを生成する。
    <?php $pw = wp_generate_password( 8, true, true ); ?>

フィルター

生成したパスワードを返す直前に'random_password'フィルターを呼び出す。$passwordには生成したパスワードが格納される。
return apply_filters( 'random_password', $password );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

最終更新日時 : 2013-02-22 12:38