wp_generate_password

(2.5以降)
wp_generate_password - パスワードを生成する

説明

string wp_generate_password( [ int $length = 12 [ , bool $special_chars = true [ , bool $extra_special_chars = false ] ] ] )
パスワードを生成する。

パラメータ

  • $length
    パスワードの長さを指定(省略時は12)
  • $special_chars
    パスワードに特殊文字1を含める場合はtrueを指定(省略時はfalse)
  • $extra_special_chars
    パスワードに特殊文字2を指定(省略時はfalse)

返り値

生成したパスワードを返す。

注意

パスワードは、標準で英小文字、英大文字、数字の組み合わせになるが、パラメータ$special_chars$extra_special_charsにtrueを指定することで、次に示す特殊文字を追加することができる。
パラメータパスワードに追加される特殊文字
$special_charsがtrue!@#$%^&*()
$extra_special_charsがtrue-_ []{}<>~`+=,.;:/?|
なお特殊文字を指定した場合であっても、生成したパスワードに特殊文字が含まれるとは限らない。

使用例

  • 12桁のパスワードを生成する。
    <?php $pw = wp_generate_password(); ?>
  • 8桁のパスワードを生成する。
    <?php $pw = wp_generate_password( 8 ); ?>
  • 8桁で特殊文字を使用したパスワードを生成する。
    <?php $pw = wp_generate_password( 8, true, true ); ?>

フィルター

生成したパスワードを返す直前に'random_password'フィルターを呼び出す。$passwordには生成したパスワードが格納される。
return apply_filters( 'random_password', $password );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

最終更新日時 : 2013-02-22 12:38