wp_generate_password

(2.5以降)
wp_generate_password - パスワードを生成する

説明

string wp_generate_password( [ int $length = 12 [ , bool $special_chars = true [ , bool $extra_special_chars = false ] ] ] )
パスワードを生成する。

パラメータ

  • $length
    パスワードの長さを指定(省略時は12)
  • $special_chars
    パスワードに特殊文字1を含める場合はtrueを指定(省略時はfalse)
  • $extra_special_chars
    パスワードに特殊文字2を指定(省略時はfalse)

返り値

生成したパスワードを返す。

注意

パスワードは、標準で英小文字、英大文字、数字の組み合わせになるが、パラメータ$special_chars$extra_special_charsにtrueを指定することで、次に示す特殊文字を追加することができる。
パラメータパスワードに追加される特殊文字
$special_charsがtrue!@#$%^&*()
$extra_special_charsがtrue-_ []{}<>~`+=,.;:/?|
なお特殊文字を指定した場合であっても、生成したパスワードに特殊文字が含まれるとは限らない。

使用例

  • 12桁のパスワードを生成する。
    <?php $pw = wp_generate_password(); ?>
  • 8桁のパスワードを生成する。
    <?php $pw = wp_generate_password( 8 ); ?>
  • 8桁で特殊文字を使用したパスワードを生成する。
    <?php $pw = wp_generate_password( 8, true, true ); ?>

フィルター

生成したパスワードを返す直前に'random_password'フィルターを呼び出す。$passwordには生成したパスワードが格納される。
return apply_filters( 'random_password', $password );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

最終更新日時 : 2013-02-22 12:38