wp_get_additional_image_sizes

(4.7.0以降)
wp_get_additional_image_sizes - 拡張されたイメージサイズを取得する

説明

array wp_get_additional_image_sizes()
拡張されたイメージサイズを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

拡張されたイメージサイズを格納した連想配列を返す。連想配列のキーはサイズの名前、値は以下に示す連想配列となる。
キーデータ型意味
'width'int
'height'int高さ
'crop'bool|arrayクロップの指定

注意

テーマやプラグインがadd_image_size関数を使って追加されたイメージサイズを取得する。何も追加されていない場合は空の配列となる。

使用例

  • 拡張されたイメージサイズを取得する。
    <?php $sizes = wp_get_additional_image_sizes(); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

最終更新日時 : 2016-12-19 13:26