wp_get_attachment_image

(2.5.0以降)
wp_get_attachment_image - アタッチメント情報のHTMLテキストを取得する

説明

string wp_get_attachment_image( int $attachment_id [ , mixed $size = 'thumbnail' [ , bool $icon = false [ , mixed attr = '' ] ] ] )
アタッチメント情報のHTMLテキストを取得する。

パラメータ

  • $attachment_id
    アタッチメント情報のIDを指定。
  • $size
    サイズを文字列('thumbnail'、'post-thumbnail'、'small'、'medium'、'large'など)または配列(幅と高さのピクセル値)で指定(省略時は'thumbnail')。
  • $icon
    アイコン画像を使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)。
  • $attr
    添付画像の属性を文字列または連想配列で指定(省略時は'')。

返り値

アタッチメント情報が存在する場合は、そのHTMLテキストを返す。アタッチメント情報が設定されていない場合は''を返す。

注意

パラメータ$iconでtrueを指定した場合、アタッチメント情報のタイプに応じたアイコン画像(/wp-includes/images/crystal/*.png)が適用される。

使用例

  • IDが25のアタッチメント情報のHTMLテキストを取得する。
    <?php $html = wp_get_attachment_image( 25 ); ?>
  • IDが25のアタッチメント情報のHTMLテキストを幅120ピクセルと高さ80ピクセルを指定して取得する。
    <?php $html = wp_get_attachment_image( 25, array( 120, 80 ) ); ?>
  • IDが25のアタッチメント情報のHTMLテキストをclass属性を追加して取得する。
    <?php $html = wp_get_attachment_image( 25, 'post-thumbnail', false, array( 'class'=>'alignleft' ) ); ?>

フィルター

パラメータ$attrを適用する前にwp_get_attachment_image_attributesフィルターが実行される。$attrにはデフォルトの属性値が加わった連想配列が、$attachmentには添付画像の投稿情報が格納さてる。
$attr = apply_filters( 'wp_get_attachment_image_attributes', $attr, $attachment );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

最終更新日時 : 2016-05-22 15:08