wp_get_attachment_image

(2.5.0以降)
wp_get_attachment_image - アタッチメント情報のHTMLテキストを取得する

説明

string wp_get_attachment_image( int $attachment_id [ , mixed $size = 'thumbnail' [ , bool $icon = false [ , mixed attr = '' ] ] ] )
アタッチメント情報のHTMLテキストを取得する。

パラメータ

  • $attachment_id
    アタッチメント情報のIDを指定。
  • $size
    サイズを文字列('thumbnail'、'post-thumbnail'、'small'、'medium'、'large'など)または配列(幅と高さのピクセル値)で指定(省略時は'thumbnail')。
  • $icon
    アイコン画像を使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)。
  • $attr
    添付画像の属性を文字列または連想配列で指定(省略時は'')。

返り値

アタッチメント情報が存在する場合は、そのHTMLテキストを返す。アタッチメント情報が設定されていない場合は''を返す。

注意

パラメータ$iconでtrueを指定した場合、アタッチメント情報のタイプに応じたアイコン画像(/wp-includes/images/crystal/*.png)が適用される。

使用例

  • IDが25のアタッチメント情報のHTMLテキストを取得する。
    <?php $html = wp_get_attachment_image( 25 ); ?>
  • IDが25のアタッチメント情報のHTMLテキストを幅120ピクセルと高さ80ピクセルを指定して取得する。
    <?php $html = wp_get_attachment_image( 25, array( 120, 80 ) ); ?>
  • IDが25のアタッチメント情報のHTMLテキストをclass属性を追加して取得する。
    <?php $html = wp_get_attachment_image( 25, 'post-thumbnail', false, array( 'class'=>'alignleft' ) ); ?>

フィルター

パラメータ$attrを適用する前にwp_get_attachment_image_attributesフィルターが実行される。$attrにはデフォルトの属性値が加わった連想配列が、$attachmentには添付画像の投稿情報が格納さてる。
$attr = apply_filters( 'wp_get_attachment_image_attributes', $attr, $attachment );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

最終更新日時 : 2016-05-22 15:08