wp_get_attachment_image_src

(2.5.0以降)
wp_get_attachment_image_src - 添付ファイルの表示用データを取得する

説明

mixed wp_get_attachment_image_src( int $attachment_id [ , mixed $size = 'thumbnail' [ , bool $icon = false ] ] )
添付ファイルの表示用データを取得する。

パラメータ

  • $attachment_id
    添付ファイルIDを指定
  • $size
    サイズを文字列('thumbnail'、'post-thumbnail'、'small'、'medium'、'large'など)または配列(幅と高さのピクセル値)で指定(省略時は'thumbnail')。
  • $icon
    アイコン画像を使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)

返り値

添付ファイルの表示用データを配列で返す。配列は、イメージファイルのURL、幅、高さの順に格納されている。表示用データを取得できなかった場合はfalseを返す。

注意

添付ファイルが画像ファイルの場合とそれ以外のデータファイルの場合では振る舞いが異なる。画像ファイルの場合は、アップロード時に指定した表示用イメージの情報を取得でき、4番目の要素には縮小イメージ(true)か元イメージ(false)かを示す。画像ファイル以外の場合は、/wp-includes/images/crystalにあるアイコン(アーカイブ、音楽、動画、文書、テキストなど)の情報を取得できる。

使用例

  • 画像ファイルの添付ファイルIDが100の表示用データを取得する。
    <?php $data = wp_get_attachment_image_src( 100 ); ?>
  • 画像ファイル以外の添付ファイルIDが200の表示用アイコンのデータを取得する。
    <?php $data = wp_get_attachment_image_src( 100, 'none', true ); ?>

フィルター

[2.5.0]パラメータ$attachment_idでイメージ情報が取得できず$iconがtrueの場合にicon_dirフィルターを呼び出す。パラメータ$icon_dirは'/wp-includes/images/media'ディレクトリのフルパス名が格納されている。
$icon_dir = apply_filters( 'icon_dir', $icon_dir );
[4.3.0]取得したイメージ情報を返す直前にwp_get_attachment_image_srcフィルターをを呼び出す。パラメータ$imageはイメージ情報が、その他のパラメータには本関数が受け取った内容が格納される。
return apply_filters( 'wp_get_attachment_image_src', $image, $attachment_id, $size, $icon );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

最終更新日時 : 2015-12-23 09:02