wp_get_attachment_image_src

(2.5.0以降)
wp_get_attachment_image_src - 添付ファイルの表示用データを取得する

説明

mixed wp_get_attachment_image_src( int $attachment_id [ , mixed $size = 'thumbnail' [ , bool $icon = false ] ] )
添付ファイルの表示用データを取得する。

パラメータ

  • $attachment_id
    添付ファイルIDを指定
  • $size
    サイズを文字列('thumbnail'、'post-thumbnail'、'small'、'medium'、'large'など)または配列(幅と高さのピクセル値)で指定(省略時は'thumbnail')。
  • $icon
    アイコン画像を使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)

返り値

添付ファイルの表示用データを配列で返す。配列は、イメージファイルのURL、幅、高さの順に格納されている。表示用データを取得できなかった場合はfalseを返す。

注意

添付ファイルが画像ファイルの場合とそれ以外のデータファイルの場合では振る舞いが異なる。画像ファイルの場合は、アップロード時に指定した表示用イメージの情報を取得でき、4番目の要素には縮小イメージ(true)か元イメージ(false)かを示す。画像ファイル以外の場合は、/wp-includes/images/crystalにあるアイコン(アーカイブ、音楽、動画、文書、テキストなど)の情報を取得できる。

使用例

  • 画像ファイルの添付ファイルIDが100の表示用データを取得する。
    <?php $data = wp_get_attachment_image_src( 100 ); ?>
  • 画像ファイル以外の添付ファイルIDが200の表示用アイコンのデータを取得する。
    <?php $data = wp_get_attachment_image_src( 100, 'none', true ); ?>

フィルター

[2.5.0]パラメータ$attachment_idでイメージ情報が取得できず$iconがtrueの場合にicon_dirフィルターを呼び出す。パラメータ$icon_dirは'/wp-includes/images/media'ディレクトリのフルパス名が格納されている。
$icon_dir = apply_filters( 'icon_dir', $icon_dir );
[4.3.0]取得したイメージ情報を返す直前にwp_get_attachment_image_srcフィルターをを呼び出す。パラメータ$imageはイメージ情報が、その他のパラメータには本関数が受け取った内容が格納される。
return apply_filters( 'wp_get_attachment_image_src', $image, $attachment_id, $size, $icon );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

最終更新日時 : 2015-12-23 09:02