wp_get_attachment_image_src

(2.5.0以降)
wp_get_attachment_image_src - 添付ファイルの表示用データを取得する

説明

mixed wp_get_attachment_image_src( int $attachment_id [ , mixed $size = 'thumbnail' [ , bool $icon = false ] ] )
添付ファイルの表示用データを取得する。

パラメータ

  • $attachment_id
    添付ファイルIDを指定
  • $size
    サイズを文字列('thumbnail'、'post-thumbnail'、'small'、'medium'、'large'など)または配列(幅と高さのピクセル値)で指定(省略時は'thumbnail')。
  • $icon
    アイコン画像を使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)

返り値

添付ファイルの表示用データを配列で返す。配列は、イメージファイルのURL、幅、高さの順に格納されている。表示用データを取得できなかった場合はfalseを返す。

注意

添付ファイルが画像ファイルの場合とそれ以外のデータファイルの場合では振る舞いが異なる。画像ファイルの場合は、アップロード時に指定した表示用イメージの情報を取得でき、4番目の要素には縮小イメージ(true)か元イメージ(false)かを示す。画像ファイル以外の場合は、/wp-includes/images/crystalにあるアイコン(アーカイブ、音楽、動画、文書、テキストなど)の情報を取得できる。

使用例

  • 画像ファイルの添付ファイルIDが100の表示用データを取得する。
    <?php $data = wp_get_attachment_image_src( 100 ); ?>
  • 画像ファイル以外の添付ファイルIDが200の表示用アイコンのデータを取得する。
    <?php $data = wp_get_attachment_image_src( 100, 'none', true ); ?>

フィルター

[2.5.0]パラメータ$attachment_idでイメージ情報が取得できず$iconがtrueの場合にicon_dirフィルターを呼び出す。パラメータ$icon_dirは'/wp-includes/images/media'ディレクトリのフルパス名が格納されている。
$icon_dir = apply_filters( 'icon_dir', $icon_dir );
[4.3.0]取得したイメージ情報を返す直前にwp_get_attachment_image_srcフィルターをを呼び出す。パラメータ$imageはイメージ情報が、その他のパラメータには本関数が受け取った内容が格納される。
return apply_filters( 'wp_get_attachment_image_src', $image, $attachment_id, $size, $icon );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

最終更新日時 : 2015-12-23 09:02