wp_get_attachment_image_src

(2.5.0以降)
wp_get_attachment_image_src - 添付ファイルの表示用データを取得する

説明

mixed wp_get_attachment_image_src( int $attachment_id [ , mixed $size = 'thumbnail' [ , bool $icon = false ] ] )
添付ファイルの表示用データを取得する。

パラメータ

  • $attachment_id
    添付ファイルIDを指定
  • $size
    サイズを文字列('thumbnail'、'post-thumbnail'、'small'、'medium'、'large'など)または配列(幅と高さのピクセル値)で指定(省略時は'thumbnail')。
  • $icon
    アイコン画像を使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)

返り値

添付ファイルの表示用データを配列で返す。配列は、イメージファイルのURL、幅、高さの順に格納されている。表示用データを取得できなかった場合はfalseを返す。

注意

添付ファイルが画像ファイルの場合とそれ以外のデータファイルの場合では振る舞いが異なる。画像ファイルの場合は、アップロード時に指定した表示用イメージの情報を取得でき、4番目の要素には縮小イメージ(true)か元イメージ(false)かを示す。画像ファイル以外の場合は、/wp-includes/images/crystalにあるアイコン(アーカイブ、音楽、動画、文書、テキストなど)の情報を取得できる。

使用例

  • 画像ファイルの添付ファイルIDが100の表示用データを取得する。
    <?php $data = wp_get_attachment_image_src( 100 ); ?>
  • 画像ファイル以外の添付ファイルIDが200の表示用アイコンのデータを取得する。
    <?php $data = wp_get_attachment_image_src( 100, 'none', true ); ?>

フィルター

[2.5.0]パラメータ$attachment_idでイメージ情報が取得できず$iconがtrueの場合にicon_dirフィルターを呼び出す。パラメータ$icon_dirは'/wp-includes/images/media'ディレクトリのフルパス名が格納されている。
$icon_dir = apply_filters( 'icon_dir', $icon_dir );
[4.3.0]取得したイメージ情報を返す直前にwp_get_attachment_image_srcフィルターをを呼び出す。パラメータ$imageはイメージ情報が、その他のパラメータには本関数が受け取った内容が格納される。
return apply_filters( 'wp_get_attachment_image_src', $image, $attachment_id, $size, $icon );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

最終更新日時 : 2015-12-23 09:02