wp_get_attachment_image_url

(4.4.0以降)
wp_get_attachment_image_url - 添付投稿の画像URLを取得する

説明

mixed wp_get_attachment_image_url( int $attachment_id [ , mixed $size = 'thumbnail' [ , bool $icon = false ] ] )
添付投稿の画像URLを取得する。

パラメータ

  • $attachment_id
    添付ファイル(メディア)のIDを指定
  • $size
    サイズを文字列('thumbnail'、'post-thumbnail'、'small'、'medium'、'large'など)または配列(幅と高さのピクセル値)で指定(省略時は'thumbnail')
  • $icon
    アイコン画像を使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)

返り値

指定されたサイズの画像URLを返す。対象のURLを取得できなかった場合はfalseを返す。

注意

すぐにwp_get_attachment_image_src関数を呼び出す。

使用例

  • 添付投稿のサムネイル画像URLを取得する。
    <?php $url = wp_get_attachment_image_url( $attachment_id ); ?>
  • 添付投稿の100×50ピクセルの画像URLを取得する。
    <?php $url = wp_get_attachment_image_url( $attachment_id, array( 100, 50 ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

最終更新日時 : 2015-12-23 09:01