wp_get_attachment_image_url

(4.4.0以降)
wp_get_attachment_image_url - 添付投稿の画像URLを取得する

説明

mixed wp_get_attachment_image_url( int $attachment_id [ , mixed $size = 'thumbnail' [ , bool $icon = false ] ] )
添付投稿の画像URLを取得する。

パラメータ

  • $attachment_id
    添付ファイル(メディア)のIDを指定
  • $size
    サイズを文字列('thumbnail'、'post-thumbnail'、'small'、'medium'、'large'など)または配列(幅と高さのピクセル値)で指定(省略時は'thumbnail')
  • $icon
    アイコン画像を使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)

返り値

指定されたサイズの画像URLを返す。対象のURLを取得できなかった場合はfalseを返す。

注意

すぐにwp_get_attachment_image_src関数を呼び出す。

使用例

  • 添付投稿のサムネイル画像URLを取得する。
    <?php $url = wp_get_attachment_image_url( $attachment_id ); ?>
  • 添付投稿の100×50ピクセルの画像URLを取得する。
    <?php $url = wp_get_attachment_image_url( $attachment_id, array( 100, 50 ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

最終更新日時 : 2015-12-23 09:01