wp_get_attachment_link

(2.5.0以降)
wp_get_attachment_link - 添付ファイルへのリンクを示すHTMLテキストを取得する

説明

string wp_get_attachment_link( [ int $id = 0 [ , mixed $size = 'thumbnail' [ , bool $permalink = false [ , bool $icon = false [ , mixed $text = false ] ] ] ] ] )
添付ファイルへのリンクを示すHTMLテキストを取得する。

パラメータ

  • $id
    投稿情報IDを指定(省略時は0)
  • $size
    サイズとして'thumbnail'、'none'、数値の何れかを指定(省略時は'thumbnail')
  • $permalink
    パーマリンクを使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)
  • $icon
    アイコン画像を使用する場合はtrue、使用しない場合はfalseを指定(省略時はfalse)
  • $text
    見出し文字を指定(省略時はfalse)

返り値

添付ファイルへのリンクを含むHTMLテキストを返す。パラメータ$idで指定された投稿情報が添付ファイルでない(post_typeが'attachment'以外)か、URLが取得できなかった場合は、'Missing Attachment'の翻訳テキストを返す。

注意

パラメータ$textが指定された場合、$size$iconの指定に関わらず、$textで指定した文字が有効になる(''が指定された場合は、投稿情報のタイトルが適用される)。

使用例

  • 添付ファイルの投稿情報IDが10のリンクを示すHTMLテキストを取得する。
    <?php $link = wp_get_attachment_link( 10 ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

最終更新日時 : 2014-04-19 11:31