wp_get_attachment_metadata

(2.1.0以降)
wp_get_attachment_metadata - 添付ファイルのメタ情報を取得する

説明

mixed wp_get_attachment_metadata( [ int $post_id = 0 [ , bool $unfiltered = false ] ] )
添付ファイルのメタ情報を取得する。

パラメータ

  • $post_id
    添付ファイルの投稿IDを指定(省略時は0)。
  • $unfiltered
    フィルター処理を行わない場合はtrue、行う場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

添付ファイルのメタ情報(連想配列)を返す。パラメータ$post_idが無効な場合はfalseを返す。メタ情報(連想配列)の内容は次の通り。
キー名
widthstring幅(ピクセル)
heightstring高さ(ピクセル)
hwstring_smallstring幅と高さの属性値(例:"height='96' width='115'")
filestringファイルパス名(アップロードディレクトリからの相対パス)
sizesArray他サイズのイメージ情報の連想配列。キー名はthumbnailやmediumなどで、その値は連想配列(キー名はfile、width、height)となる(注:このfileの値はディレクトリを含まないファイル名のみ)。
image_metaArrayイメージのメタ情報の連想配列。3.3.1のキー名は、aperture、credit、camera、caption、created_timestamp、copyright、focal_length、iso、shutter_speed、titleである。

注意

添付ファイルのメタ情報は、'_wp_attachment_metadata'という名前のカスタムフィールドに格納されており、get_post_meta関数で取得できる。

使用例

  • IDが10の添付ファイルのメタ情報を取得する。
    <?php $meta = wp_get_attachment_metadata( 10 ); ?>

フィルター

パラメータ$unfilteredがfalseの場合は、パス名を返す前にwp_get_attachment_metadataフィルターが呼び出される。フィルター関数に渡る$dataには生のメタ情報が、$attachment_idには添付ファイルの投稿IDを格納されている。
return apply_filters( 'wp_get_attachment_metadata', $data, $attachment_id )

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

最終更新日時 : 2014-07-13 20:08