wp_get_attachment_metadata

(2.1.0以降)
wp_get_attachment_metadata - 添付ファイルのメタ情報を取得する

説明

mixed wp_get_attachment_metadata( [ int $post_id = 0 [ , bool $unfiltered = false ] ] )
添付ファイルのメタ情報を取得する。

パラメータ

  • $post_id
    添付ファイルの投稿IDを指定(省略時は0)。
  • $unfiltered
    フィルター処理を行わない場合はtrue、行う場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

添付ファイルのメタ情報(連想配列)を返す。パラメータ$post_idが無効な場合はfalseを返す。メタ情報(連想配列)の内容は次の通り。
キー名
widthstring幅(ピクセル)
heightstring高さ(ピクセル)
hwstring_smallstring幅と高さの属性値(例:"height='96' width='115'")
filestringファイルパス名(アップロードディレクトリからの相対パス)
sizesArray他サイズのイメージ情報の連想配列。キー名はthumbnailやmediumなどで、その値は連想配列(キー名はfile、width、height)となる(注:このfileの値はディレクトリを含まないファイル名のみ)。
image_metaArrayイメージのメタ情報の連想配列。3.3.1のキー名は、aperture、credit、camera、caption、created_timestamp、copyright、focal_length、iso、shutter_speed、titleである。

注意

添付ファイルのメタ情報は、'_wp_attachment_metadata'という名前のカスタムフィールドに格納されており、get_post_meta関数で取得できる。

使用例

  • IDが10の添付ファイルのメタ情報を取得する。
    <?php $meta = wp_get_attachment_metadata( 10 ); ?>

フィルター

パラメータ$unfilteredがfalseの場合は、パス名を返す前にwp_get_attachment_metadataフィルターが呼び出される。フィルター関数に渡る$dataには生のメタ情報が、$attachment_idには添付ファイルの投稿IDを格納されている。
return apply_filters( 'wp_get_attachment_metadata', $data, $attachment_id )

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-07-13 20:08