wp_get_attachment_metadata

説明

mixed wp_get_attachment_metadata( [ int $post_id = 0 [ , bool $unfiltered = false ] ] )
添付ファイルのメタ情報を取得する。

パラメータ

  • $post_id
    添付ファイルの投稿IDを指定(省略時は0)。
  • $unfiltered
    フィルター処理を行わない場合はtrue、行う場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

添付ファイルのメタ情報(連想配列)を返す。パラメータ$post_idが無効な場合はfalseを返す。メタ情報(連想配列)の内容は次の通り。
キー名
widthstring幅(ピクセル)
heightstring高さ(ピクセル)
hwstring_smallstring幅と高さの属性値(例:"height='96' width='115'")
filestringファイルパス名(アップロードディレクトリからの相対パス)
sizesArray他サイズのイメージ情報の連想配列。キー名はthumbnailやmediumなどで、その値は連想配列(キー名はfile、width、height)となる(注:このfileの値はディレクトリを含まないファイル名のみ)。
image_metaArrayイメージのメタ情報の連想配列。3.3.1のキー名は、aperture、credit、camera、caption、created_timestamp、copyright、focal_length、iso、shutter_speed、titleである。

注意

添付ファイルのメタ情報は、'_wp_attachment_metadata'という名前のカスタムフィールドに格納されており、 get_post_meta関数で取得できる。

使用例

  • IDが10の添付ファイルのメタ情報を取得する。
    <?php $meta = wp_get_attachment_metadata( 10 ); ?>

フィルター

パラメータ$unfilteredがfalseの場合は、パス名を返す前にwp_get_attachment_metadataフィルターが呼び出される。フィルター関数に渡る$dataには生のメタ情報が、$attachment_idには添付ファイルの投稿IDを格納されている。
return apply_filters( 'wp_get_attachment_metadata', $data, $attachment_id )

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

最終更新 : 2019年11月19日 12:15



お勧め

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2018年5月27日 更新)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2018年5月27日 更新)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2017年12月17日 更新)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2018年8月21日 更新)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

5.3の新機能:JPEG画像の向きを自動調整(2019年10月17日 更新)

WordPress 5.3 Beta 1」に記載されていた「Automatic image rotation during upload」という見出し。画像ファイルに含まれるEXIF情報内の「向き」により、画像の向きを自動的に調整するというもの。どんな実装なのか気になったのでソースコードをざっくり眺めてみた。