wp_get_attachment_url

(2.1.0以降)
wp_get_attachment_url - 投稿情報(添付ファイル)のURLを取得する

説明

mixed wp_get_attachment_url( [ int $post_id = 0 ] )
投稿情報(添付ファイル)のURLを取得する。

パラメータ

  • $post_id
    添付ファイルの投稿情報IDを指定(省略時は0)

返り値

添付ファイルのURLを返す。パラメータ$post_idで指定された投稿情報が添付ファイル以外の場合はfalseを返す。

注意

内部ではget_post_meta関数を使用して添付ファイルのパス名を取得している。
$url = get_post_meta( $post_id, '_wp_attached_file', true );
上記で取得できなかった場合は、get_the_guid関数を使用して自身のGUID(パス名)を取得する。

使用例

  • 投稿IDが20の投稿情報(添付ファイル)のURLを取得する。
    <?php $url = wp_get_attachment_url( 20 ) ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

最終更新日時 : 2014-09-07 23:47