wp_get_attachment_url

(2.1.0以降)
wp_get_attachment_url - 投稿情報(添付ファイル)のURLを取得する

説明

mixed wp_get_attachment_url( [ int $post_id = 0 ] )
投稿情報(添付ファイル)のURLを取得する。

パラメータ

  • $post_id
    添付ファイルの投稿情報IDを指定(省略時は0)

返り値

添付ファイルのURLを返す。パラメータ$post_idで指定された投稿情報が添付ファイル以外の場合はfalseを返す。

注意

内部ではget_post_meta関数を使用して添付ファイルのパス名を取得している。
$url = get_post_meta( $post_id, '_wp_attached_file', true );
上記で取得できなかった場合は、get_the_guid関数を使用して自身のGUID(パス名)を取得する。

使用例

  • 投稿IDが20の投稿情報(添付ファイル)のURLを取得する。
    <?php $url = wp_get_attachment_url( 20 ) ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-09-07 23:47