wp_get_comment_status

(1.0.0以降)
wp_get_comment_status - コメントのステータスを取得する

説明

mixed wp_get_comment_status( $comment_id )
コメントのステータスを取得する。

パラメータ

  • $comment_id
    コメントIDを指定。

返り値

コメントのステータス('approved'、'unapproved'、'spam'、'trash')を返す。コメントが無効か、保存されているステータスが無効な場合はfalseを返す。

注意

保持されているステータス値は'0'の場合は'unapproved'、'1'の場合は'approved'になり、wp_set_comment_status関数のパラメータ値とは異なる。

使用例

  • コメントIDが102のステータスを取得する。
    <?php $status = wp_get_comment_status( 102 ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment.php

関連

お勧めコンテンツ

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

最終更新日時 : 2013-09-06 16:02