wp_get_current_commenter

(2.0.4以降)
wp_get_current_commenter - 現在のコメント投稿者情報を取得する

説明

array wp_get_current_commenter( )
現在のコメント投稿者情報を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

コメント投稿者情報を示す連想配列を返す。連想配列の内容は次の通りとなる。
キー名意味
'comment_author'投稿者名
'comment_author_email'投稿者メールアドレス
'comment_author_url'投稿者サイトURL

注意

クッキー('comment_author_'.COOKIEHASH、'comment_author_email_'.COOKIEHASH、'comment_author_url_'.COOKIEHASH)に保存されたコメント投稿者情報を参照している(COOKIEHASHはサイト固有にハッシュ値)。

使用例

  • 現在のコメント投稿者情報を取得する。
    <?php $commenter = wp_get_current_commenter(); ?>

フィルター

[3.1.0]コメント投稿者情報を返す直前に'wp_get_current_commenter'フィルターを呼び出す。パラメータ$commenterはコメント投稿者情報の連想配列となる。
return apply_filters( 'wp_get_current_commenter', $commenter );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment.php

関連

  • comment_form - コメント投稿フォームを表示する

お勧めコンテンツ

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

最終更新日時 : 2014-10-03 16:47