wp_get_current_commenter

(2.0.4以降)
wp_get_current_commenter - 現在のコメント投稿者情報を取得する

説明

array wp_get_current_commenter( )
現在のコメント投稿者情報を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

コメント投稿者情報を示す連想配列を返す。連想配列の内容は次の通りとなる。
キー名意味
'comment_author'投稿者名
'comment_author_email'投稿者メールアドレス
'comment_author_url'投稿者サイトURL

注意

クッキー('comment_author_'.COOKIEHASH、'comment_author_email_'.COOKIEHASH、'comment_author_url_'.COOKIEHASH)に保存されたコメント投稿者情報を参照している(COOKIEHASHはサイト固有にハッシュ値)。

使用例

  • 現在のコメント投稿者情報を取得する。
    <?php $commenter = wp_get_current_commenter(); ?>

フィルター

[3.1.0]コメント投稿者情報を返す直前に'wp_get_current_commenter'フィルターを呼び出す。パラメータ$commenterはコメント投稿者情報の連想配列となる。
return apply_filters( 'wp_get_current_commenter', $commenter );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/comment.php

関連

  • comment_form - コメント投稿フォームを表示する

お勧めコンテンツ

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

最終更新日時 : 2014-10-03 16:47