wp_get_document_title

(4.4.0以降)
wp_get_document_title - ページタイトルを取得する

説明

string wp_get_document_title( )
ページタイトルを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ページタイトルを返す。

注意

4.4.0でwp_title関数から代わったページタイトル生成関数となる。実際には本関数を直接呼び出さず、テーマのfunctions.phpでadd_theme_support関数することが推奨されている。

add_theme_support( 'title-tag' );

使用例

  • ページタイトルを取得する。
    <?php $title = wp_get_document_title(); ?>

フィルター

[4.4.0]はじめに'pre_get_document_title'フィルターを呼び出す。パラメータ$titleは標準では''となる。このフィルターで''以外を返すと以降の処理が行われず、それがページタイトルとなる。
$title = apply_filters( 'pre_get_document_title', $title );
[4.4.0]リクエストに応じてページタイトル要素を取得すると'document_title_separator'フィルターを呼び出す。パラメータ$sepは標準では'-'となる。
$sep = apply_filters( 'document_title_separator', $sep );
[4.4.0]タイトル要素の区切り文字を決定すると'document_title_parts'フィルターを呼び出す。パラメータ$titleはいくつかのタイトル要素の連想配列(キー'title'は必須で、'page'、'tagline'、'site'はリクエストに応じて追加される)となる。
$title = apply_filters( 'document_title_parts', $title );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2015-12-16 12:18