wp_get_document_title

(4.4.0以降)
wp_get_document_title - ページタイトルを取得する

説明

string wp_get_document_title( )
ページタイトルを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ページタイトルを返す。

注意

4.4.0でwp_title関数から代わったページタイトル生成関数となる。実際には本関数を直接呼び出さず、テーマのfunctions.phpでadd_theme_support関数することが推奨されている。

add_theme_support( 'title-tag' );

使用例

  • ページタイトルを取得する。
    <?php $title = wp_get_document_title(); ?>

フィルター

[4.4.0]はじめに'pre_get_document_title'フィルターを呼び出す。パラメータ$titleは標準では''となる。このフィルターで''以外を返すと以降の処理が行われず、それがページタイトルとなる。
$title = apply_filters( 'pre_get_document_title', $title );
[4.4.0]リクエストに応じてページタイトル要素を取得すると'document_title_separator'フィルターを呼び出す。パラメータ$sepは標準では'-'となる。
$sep = apply_filters( 'document_title_separator', $sep );
[4.4.0]タイトル要素の区切り文字を決定すると'document_title_parts'フィルターを呼び出す。パラメータ$titleはいくつかのタイトル要素の連想配列(キー'title'は必須で、'page'、'tagline'、'site'はリクエストに応じて追加される)となる。
$title = apply_filters( 'document_title_parts', $title );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

最終更新日時 : 2015-12-16 12:18