wp_get_document_title

(4.4.0以降)
wp_get_document_title - ページタイトルを取得する

説明

string wp_get_document_title( )
ページタイトルを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ページタイトルを返す。

注意

4.4.0でwp_title関数から代わったページタイトル生成関数となる。実際には本関数を直接呼び出さず、テーマのfunctions.phpでadd_theme_support関数することが推奨されている。

add_theme_support( 'title-tag' );

使用例

  • ページタイトルを取得する。
    <?php $title = wp_get_document_title(); ?>

フィルター

[4.4.0]はじめに'pre_get_document_title'フィルターを呼び出す。パラメータ$titleは標準では''となる。このフィルターで''以外を返すと以降の処理が行われず、それがページタイトルとなる。
$title = apply_filters( 'pre_get_document_title', $title );
[4.4.0]リクエストに応じてページタイトル要素を取得すると'document_title_separator'フィルターを呼び出す。パラメータ$sepは標準では'-'となる。
$sep = apply_filters( 'document_title_separator', $sep );
[4.4.0]タイトル要素の区切り文字を決定すると'document_title_parts'フィルターを呼び出す。パラメータ$titleはいくつかのタイトル要素の連想配列(キー'title'は必須で、'page'、'tagline'、'site'はリクエストに応じて追加される)となる。
$title = apply_filters( 'document_title_parts', $title );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

ログインページのタイトルを変更してみる(2017年11月17日 登録)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

最終更新日時 : 2015-12-16 12:18