wp_get_image_editor

(3.5.0以降)
wp_get_image_editor - イメージエディタを取得する

説明

mixed wp_get_image_editor( string $path [ , array $args = array() ] )
イメージエディタ(WP_Image_Editorクラス)のオブジェクトを取得する。

パラメータ

  • $path
    画像ファイルのパス名を指定。
  • $args
    調べたいMIMEタイプおよびメソッド名を配列で指定(省略時は、array())。

返り値

イメージエディタのオブジェクトを返す。イメージエディタをサポートしていないか、画像ファイルが読み込みできなかった場合はWP_Errorクラスのオブジェクトを返す。

注意

イメージエディタは、3.5の新機能であるWP_Image_Editorクラス(WP_Image_Editor_ImagickクラスまたはWP_Image_Editor_GDクラス)。PHPのImagickとGDをラップしている。

使用例

  • イメージエディタを取得して画像ファイル'test.jpg'を読み込む。
    <?php $ie = wp_get_image_editor( 'test.jpg' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

最終更新日時 : 2012-12-20 13:53