wp_get_image_editor

(3.5.0以降)
wp_get_image_editor - イメージエディタを取得する

説明

mixed wp_get_image_editor( string $path [ , array $args = array() ] )
イメージエディタ(WP_Image_Editorクラス)のオブジェクトを取得する。

パラメータ

  • $path
    画像ファイルのパス名を指定。
  • $args
    調べたいMIMEタイプおよびメソッド名を配列で指定(省略時は、array())。

返り値

イメージエディタのオブジェクトを返す。イメージエディタをサポートしていないか、画像ファイルが読み込みできなかった場合はWP_Errorクラスのオブジェクトを返す。

注意

イメージエディタは、3.5の新機能であるWP_Image_Editorクラス(WP_Image_Editor_ImagickクラスまたはWP_Image_Editor_GDクラス)。PHPのImagickとGDをラップしている。

使用例

  • イメージエディタを取得して画像ファイル'test.jpg'を読み込む。
    <?php $ie = wp_get_image_editor( 'test.jpg' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

Post-tag automaton:プラグイン作ってみました(2012年7月3日 登録)

みなさんは投稿をポストする際に投稿タグを付け忘れたことはないでしょうか。このプラグインは、投稿をポストする際にタイトルと記事に投稿タグが含まれていないか調べ、含まれていた場合はその投稿タグを追加します。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

最終更新日時 : 2012-12-20 13:53