wp_get_image_editor

(3.5.0以降)
wp_get_image_editor - イメージエディタを取得する

説明

mixed wp_get_image_editor( string $path [ , array $args = array() ] )
イメージエディタ(WP_Image_Editorクラス)のオブジェクトを取得する。

パラメータ

  • $path
    画像ファイルのパス名を指定。
  • $args
    調べたいMIMEタイプおよびメソッド名を配列で指定(省略時は、array())。

返り値

イメージエディタのオブジェクトを返す。イメージエディタをサポートしていないか、画像ファイルが読み込みできなかった場合はWP_Errorクラスのオブジェクトを返す。

注意

イメージエディタは、3.5の新機能であるWP_Image_Editorクラス(WP_Image_Editor_ImagickクラスまたはWP_Image_Editor_GDクラス)。PHPのImagickとGDをラップしている。

使用例

  • イメージエディタを取得して画像ファイル'test.jpg'を読み込む。
    <?php $ie = wp_get_image_editor( 'test.jpg' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2017年7月20日 登録)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

最終更新日時 : 2012-12-20 13:53